カンボジア、第1四半期中に中央銀行デジタル通貨(CDBC)発行か

カンボジア、第1四半期中に中央銀行デジタル通貨(CDBC)発行か

カンボジアの中央銀行にあたる「カンボジア国立銀行」は、2020年第1四半期中に中央銀行デジタル通貨(CBDC)をローンチする準備を進めている。

配備は最終段階

カンボジア国立銀行のチア・セレイ(Chea Serey)総局長は、同行は専用に設計された独自通貨によるブロックチェーンベースのP2P(ピアツーピア)プラットフォームとして「カンボジア国家決済ゲートウェイ」、つまりは中央銀行デジタル通貨(CBDC)を開発しているとプノンペン・ポスト(Phnom Penh Post)に語った。同氏はCBDCの具体的なローンチ日は言及しなかった。

「プロジェクト・バコン(Project Bakong)」と呼ばれ、2019年7月に初めてカンボジア国立銀行がテストしたこのCBDCは、参加銀行がサポートするクローズドシステムで機能する。参加銀行の1つであるプノンペン商業銀行(PPCBank:Phnom Penh Commercial Bank)のシン・チャン・ムー(Shin Chang Moo)氏がプノンペン・ポストに語った。

クレジットカードやデビットカードをはじめとする従来の決済・送金方法に比べて、バコンはより安価で便利とチャン・ムー氏は語った。プノンペン商業銀行は全支店にこのシステムを配備中だ。

「配備は最終段階にある」とチャン・ムー氏は語った。

「予定より少し時間がかかっている。ユーザーにとって可能な限り役に立ち、便利なものにしたかったからだ。ローンチ次第、すぐにサービス提供を開始する」

CBDCを使った「投機の可能性はゼロ」とチャン・ムー氏は付け加えた。

ユーザーがバコン・ウォレットを設定すると、銀行口座と自動的に連携され、法定通貨をリアルタイムで新しいCBDCに簡単に交換することができる。カンボジア国立銀行はプラットフォームからの全決済データを保存すると述べた。つまり、決済は完全に追跡可能になる可能性があるということだ。

ユーザーは自分のモバイル端末から日々の支払いのために「擬似的な」CBDCを利用することができる。バコンは、国中にQRコード決済の導入を図る同国政府の取り組みを支えるものとして期待されている。

日本のブロックチェーン企業「ソラミツ」が開発

バコンは日本のブロックチェーン企業「ソラミツ」が設計した。同社の武宮誠CEOは、このCBDCは「カンボジア国立銀行が保有する米ドルとカンボジアの法定通貨リエルを単にトークン化したもの」とCoinDeskに語った。

「このシステムは仮想通貨を含め、どんな種類の通貨をいくつでもサポートできる」と武宮CEOは付け加えた。ソラミツは現在、世界中で同様のシステムの実装に取り組んでいる。

カンボジア当局は仮想通貨取引を取り締まってきたが、カンボジア国立銀行は少なくとも2017年から、銀行間決済ソリューションのためにブロックチェーン技術をテストししている。2019年10月、同行はクロスボーダー決済のためのデジタルウォレットの試験を開始するためにマレーシアの銀行と合意した。

当初はカンボジア国内での決済向けに設計されていたが、カンボジア国立銀行はクロスボーダー決済機能をバコンに統合する計画とセレイ氏は語った。

セレイ氏によると、バコンはすでに同国の11の銀行がサポートしており、他行もまもなく参加の予定。

「バコンは、カンボジアの決済分野における全プレーヤーを同じプラットフォームのもとにまとめるうえで中心的な役割を果たす。それによりエンドユーザーは口座を持っている金融機関に関係なく、お互いに簡単に支払いできるようになる」

短期的には銀行ビジネスへの打撃となる可能性はあるが、カンボジアの金融システムは「比較的未熟」とチャン・ムー氏はプノンペン・ポストに語り、次のように付け加えた。

バコンは「業界のすべてのステークホルダーがメリットを得ることができる金融的に包括的なエコシステムを作り出すことができる」。

翻訳:山口晶子
編集:増田隆幸
写真:Shutterstock
原文:Cambodia Readies a Blockchain-Based Digital Currency

おすすめ記事: