ビットコインの“新規開設”ウォレット、2018年2月以来の高水準──高値推移の一因か

ビットコインの“新規開設”ウォレット、2018年2月以来の高水準──高値推移の一因か

新しい投資家がかつてないペースでビットコイン市場に参入している。価格の上昇圧力を強めている可能性がある。

「新規開設」ウォレット(開設してから1〜3カ月で、ビットコインをほとんど取引していないウォレット)の数は今月、225万467に増え、2018年2月以来の高水準となった。ブロックチェーン分析会社チェイナリシス(Chainalysis)のデータで分かった。半年前の116万2632から倍増している。

新規開設ウォレット数
出典:Chainalysis

3月の下落がきっかけに

1月と2月、数字の伸びはほとんど見られなかったが、3月にビットコインが大幅に下落してから、放物線状に増えている。

「新たな投資家が市場でビットコインを購入し、長期投資のためにウォレットに保管しているのだろう」とチェイナリシスのエコノミスト、フィリップ・グラッドウェル氏は述べる。

投資家は3月12日の4000ドルを割った40%の下落の機会を捉え、それ以来、ビットコインに資金を注ぎ続けている。

「全体的には、ビットコインに対する買い圧力が高まり、新規購入は長期保有される可能性が高いため、購入可能な供給量が減少していることをデータは示している」とグラッドウェル氏は説明する。

ビットコインは記事執筆時点で1万900ドル付近で取引されており、年初から52%上昇。過去最高値の2万ドルからは半値に等しい。

新規に開設されたウォレットの数は2017年下半期、ビットコインが2万ドルまで上昇したことで、79万1289から200万まで急増した。2018年2月に6000ドルまで急落したことで新規開設ウォレット数もおよそ100万まで減少したが、その後はその数をほぼ維持していた。投資家の関心は依然として強いままだったと言える。

翻訳:下和田 里咲
編集:増田隆幸、佐藤茂
画像:JodiJacobson/Getty Images
原文:Bitcoin ‘Young Investment’ Wallets at Highest Level Since February 2018

おすすめ記事: