コインベースがグーグル、ベンモから部長職人材を獲得

コインベースがグーグル、ベンモから部長職人材を獲得

暗号資産(仮想通貨)取引所大手のコインベース(Coinbase)が、グーグルや米送金アプリのベンモ(Venmo)などから3名の部長職人材を獲得した。

コインベースが新たに採用したのは、シルパ・ダール(Shilpa Dhar)氏、ラビ・ビャコッド(Ravi Byakod)氏、フランク・ヨー(Frank Yoo)氏の3名。今後、コインベースのプロダクト、エンジニアリング、デザイン&リサーチの事業部を、バイスプレジデント(部長)職としてけん引していく。

また、同社はプロダクトとエンジニアリングチームを横断する新たな「プラットフォームズ」チームを設立し、ダール氏とビャコッド氏が同チームのトップを務めると発表した。

ダール氏はペイパル(Paypal)に10年勤務した後、送金サービスのベンモ(Venmo)でプロダクト責任者を務めていた。

ビャコッド氏はアドビ(Adobe)に勤務したのち、eコマースサイトのイーベイ(eBay)とフリップカート(Flipkart)、グーグル(Google)でエンジニアリングのシニア・リーダーを務めた。

デザイン&リサーチ担当バイスプレジデントに就任したヨー氏は、グーグルのGSuite製品のグローバルデザイン&リサーチチームを率いてきた。また、配車サービスのリフト(Lyft)、リンクトイン(Linkedin)、ヤフー(Yahoo!)での経験も持つ人物。

翻訳:CoinDesk Japan編集部
編集:増田隆幸、佐藤茂
画像:Shutterstock
原文:Coinbase Hires Executives From Venmo, Adobe and Google

おすすめ記事: