マイニングのCO2排出ゼロに ──スクエア、ビットコイン業界の再エネ利用拡大

マイニングのCO2排出ゼロに ──スクエア、ビットコイン業界の再エネ利用拡大

ジャック・ドーシーCEO率いる決済大手のスクエア(Square)は、ビットコインのマイニングで使用する電力を再生可能エネルギーで賄う取り組みを普及させる事業会社を設立した。

設立したのは、「Bitcoin Clean Energy Investment Initiative」で、マイニングにおける再エネの利用を支援し、まずは1000万ドル(約10億4000万円)の資金を準備した。

12月8日の発表によると、スクエアは2030年までに事業運営における炭素排出量をゼロにすることを目指しており、ビットコインのエコシステム内での再エネの採用と効率化を推進しようと考えている。

スクエアは、来年の第1四半期に開始する脱炭素化ポートフォリオと連携させ、自社の炭素排出量を削減することで、全体の出量ゼロを目指す。

同社は、温室効果ガスの削減を目指す気候変動プログラムと、二酸化炭素排出量の削減に力を入れるWatershedと提携している。

「我々は、暗号資産が最終的にクリーンな電力で完全に運営され、二酸化炭素排出を排除し、再生可能エネルギーの世界的な普及を促進すると考えている。公表されている推計によると、ビットコインはすでに相当の量のクリーンエネルギーを使用しており、スクエアの投資が再生可能エネルギーへの転換を加速させることを期待している」とTwitter・創業者でスクエアCEOのドーシー氏は述べた。

翻訳:CoinDesk Japan編集部
編集:増田隆幸、佐藤茂
画像:Shutterstock
原文:Square to Support Greener Bitcoin Mining as Part of Zero-Carbon Pledge

おすすめ記事: