Image courtesy of Ledger

サムスン、低価格スマホにもブロックチェーン機能搭載へ

Brady Dale
公開日:2019年 5月 17日 11:00
更新日:2019年 5月 17日 11:00

韓国のサムスン電子は、仮想通貨・ブロックチェーン機能を同社スマートフォン「ギャラクシー」の幅広い価格帯で展開する。

韓国のニュースメディア、ビジネス・コリア (Business Korea) は 2019年5月14日(現地時間)、サムスンが同社スマートフォンの低価格帯モデルにもデジタルウォレットアプリを搭載し、仮想通貨機能をより多くの国で展開することを目指していることをサムスンのプレスリリースをもとに報じた

サムスン電子の無線事業部製品戦略チームのシニアマネジングディレクター、チェ・ウォンチョル(Chae Won-cheol)氏は以下のように述べた。

「ブロックチェーン機能をサポートするギャラクシーのモデルを徐々に増やすことで、新しい体験へのハードルを下げます。また、韓国、アメリカ、カナダで展開後、提供地域を拡大するつもりです」

サムスンの「ブロックチェーン・ウォレット」は現在、最近発売されたフラッグシップモデル「ギャラクシーS10(Galaxy S10)」でのみ提供されている。S10には、デジタル署名や分散型アプリケーション(DApp)などのブロックチェーン機能が搭載されているが、ビジネス・コリアはこれらの機能が他モデルで提供される可能性を報じている。

サムスンは、SKテレコムやKTコーポレーション(元コリア・テレコム)などの通信会社とブロックチェーンをベースとしたデジタルID認証ツールやその他イニシアチブを共同開発する可能性を話し合っているとビジネス・コリアは報じた。

サムスンはここ数カ月間、ブロックチェーン領域に以前よりも身を投じている。

ギャラクシーS10でブロックチェーン・仮想通貨に焦点を当てた同社は、イーサリアムをベースとした、独自のブロックチェーン・ネットワークを開発しており、将来「サムスン・コイン」を発行するかもれないと明かした。また同社は、エンタープライズ向けのITソリューションパッケージにもブロックチェーン技術を追加しようとしている。

同社は最近、仮想通貨ウォレットスタートアップ、レジャー(Ledger)に300万ドル(約3億2800万円)出資した

翻訳:Yuta Machida
編集:佐藤茂、浦上早苗
写真: Samsung Galaxy phones image via Shutterstock
原文:Samsung to Roll Out Crypto Features on Budget Galaxy Phones