ビットコインの“クジラ”減少、利益確定売りで──個人の買い意欲強い:データ

ビットコインの“クジラ”減少、利益確定売りで──個人の買い意欲強い:データ

ビットコイン(BTC)の大口保有者が、保有分の一部を売却して利益確定に動く中、個人投資家の買い意欲は依然強く、現在の強気相場を支えていることが、グラスノード(Glassnode)のデータでわかった。

データサイトのグラスノードによると、「リッチリスト」と呼ばれる、1000ビットコイン以上を保有するユニークアドレスの数はm2月8日から8%以上減少した。

「クジラ(大口保有者)はビットコインの一部を売却しているが、強気相場の終わりを意味するわけではないだろう。一時的な利益確定売りが見られた」と市場アナリストのラーク・デイビス(Lark Davis)氏はツイートしている。

17日時点で、1000ビットコイン以上を保有するアドレス数は2275で、2月8日のに記録した2488から200以上減少した。

同一人物や取引所が複数のアドレスを保有することもあるため、数字は必ずしも現状を正確に表すものではない。1000ビットコイン以上を保有するアドレスの増減は、必ずしも大口保有者の動向を意味しない可能性もある。

コインベース・プレミアムは低下

しかし、大口保有者の買い圧力が弱まっているとすれば、機関投資家の需要低下を示す「コインベース・プレミアム」の低下をはじめとする最近の指標と一致する。

ビットコインは約5週続けて上昇トレンドを維持し、価格は6万ドルを超え、史上最高値を更新した。おそらく個人投資家の参入が要因となっている。

「1月初めからの価格上昇は主に個人投資家によるもの。暗号資産取引所のバイナンス(Binance)では、コインベース(Coinbase)に比べて5倍以上のログイン数を記録している」と2月27日付のグラスノードのニュースレター「Uncharted」は指摘する。コインベースが運営するコインベース・プロは、機関投資家や富裕層などを対象にした取引サービス。

2020年5月から2021年2月には、クジラが精力的に暗号資産を買い集めたために「リッチリスト」は増加した。

1000ビットコイン以上を保有するアドレス数(橙)とビットコイン価格(黒)
出典 : Glassnode

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸、佐藤茂
|画像:Glassnode
|原文:Bitcoin’s ‘Rich List’ Shrinks Amid Continued Price Rally

おすすめ記事: