ハッカー集団を名乗るグループ、イーロン・マスク氏に挑戦状──YouTubeに批判動画

ハッカー集団を名乗るグループ、イーロン・マスク氏に挑戦状──YouTubeに批判動画

ハッカー集団「アノニマス」のメンバーだと主張するグループが、イーロン・マスク氏のツイッター上での発言などを批判する動画をYouTubeに投稿した。アノニマスは公開した動画の中で、暗号資産市場を混乱させたマスク氏のツイートは、勤勉な人々の「人生を破壊」した述べた。

動画の作成者がアノニマスのメンバーと断定することはできないが、動画は同グループのメンバーが作成したと認められる過去のビデオの特徴を備えているという。

グループのトレードマークであるガイ・フォークス・マスクをかぶり、ボイスチェンジャーを使用したナレーターは、マスク氏は映画『007』シリーズの悪役のようなもので、先見性を持つビジョナリーという巧妙に作られたイメージは「注目を集めようとするただのナルシストの金持ち」であることを隠しているに過ぎないと述べた。

動画は、マスク氏がビットコイン(BTC)と距離を置く姿勢を示したことは、同氏が経営する米EV大手のテスラが政府からの補助金を失うことを恐れたからだとしている。

「テスラが政府の環境に関する補助金を手に入れ続けるために、テスラとビットコインのかかわりを否定せざるを得なくなったと広く考えられている」

また、同グループは、マスク氏による「ビットコイン・マイニング・カウンシル」の設立は同業界を支配しようとする試みだと主張している。

動画は、暗号資産市場から数十億ドルもの価値を奪うことになったマスク氏の最近のツイートを激しく批判した。

「数百万人もの個人投資家が、生活を向上させるために暗号資産の利益を心から期待していた(中略)。あなたのよく知られた短気さが多くの人の夢を水の泡にした。あなたは、いくつもの豪邸を所有し、そうした人々を笑い続けている」

現在、動画の再生回数は約180万回にのぼり、アノニマスの特徴的なエンディングで締めくくられている。

「あなたは自分が世の中で一番頭がいいと思っているかもしれないが、いま戦う相手と出会ったことになる。我々はアノニマス! 我々はレギオン! 待っていろ」

ツイッター上ではこの動画に反応する多くのツイートが投稿されたが、マスク氏は5日午後に返答と思えるようなツイートを行った。

「憎むものを殺すな、愛するものを救え」

さらにマスク氏のツイッターのプロフィール写真は、アノニマスを連想させる黒い画像に変更されている。マスク氏のこれまでの謎めいたツイートの数々を考えると、違う意味かもしれない。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸、佐藤茂
|画像:Shutterstock
|原文:Musk’s Crypto Tweets ‘Destroyed Lives,’ Anonymous Says as Hacker Group Targets Tesla CEO

おすすめ記事: