【市場動向】ビットコイン、数週間は横ばいか──マイニング収益は低下

【市場動向】ビットコイン、数週間は横ばいか──マイニング収益は低下

暗号資産市場はイギリスと中国での規制強化にもかかわらず、28日はほとんどが上昇となった。ビットコインは当記事執筆時点、3万4000ドル付近で取引され、過去24時間で4%上昇となった。

英金融行動監視機構(FCA)は26日、暗号資産(仮想通貨)取引サービスを行うバイナンス(Binance)のイギリスでの事業に警告を発した。この発表の前、週末にビットコインは13%近く下落したが、すぐに買い手が現れ、3万ドルを割ることはなかった。ビットコインは4月以降、約40%下落している。

最新価格

●ビットコイン(BTC):3万4409.44ドル(+4.64%:過去24時間)
●イーサリアム(ETH):2110.96ドル(+15.66%)

●S&P500:4291.8(+0.26%)
●ゴールド:1778.36ドル(+0.38%)
●10年物米国債:1.472%(25日:1.53%)

「明確にしておくと、バイナンスはイギリス当局から禁止されていない。これは暗号資産に対するイギリスの規制当局の政策転換を示すものではない」と外国為替・暗号資産調査会社クオンタム・エコノミクス(Quantum Economics)のCEO、マティ・グリーンスパン(Mati Greenspan)氏は28日に発行したニュースレターに記した。

他のアナリストもテクニカル分析の改善を強気シグナルと指摘している。

先週の週足チャートの終値は「トレンド反転の可能性を示す強気シグナル」とイギリスの暗号資産ブローカー、グローバルブロック(GlobalBlock)のアレクサンドラ・クラーク(Alexandra Clark)氏は述べた。

弱気相場のドローダウン

データサイトのKoyfinによると、ビットコインの「ドローダウン」(ピークから底値までの下落率)は現在、約45%。2018年の弱気相場では、ドローダウンは80%に達し、回復までに約2年かかった。

一般的にビットコインは、2017年や今年はじめのような弱気相場の前に、急激で早いドローダウンに見舞われる。価格が上昇トレンドから下落トレンドに移行すると、売り手が主導権を握る。

現状、一部のアナリストはビットコインは3万ドル〜4万ドルのレンジ相場となると予想している。「決定的な動きがあるまで、今後数週間はビットコインは横ばいになると見ている」と暗号資産取引所デルタ・エクスチェンジ(Delta Exchange)のCEO、パンカジ・バラニ(Pankaj Balani)氏はコメントした。

「世界的な流動性の低下のためにグローバルなマクロ環境が悪化すれば、ビットコインは重要な水準の3万ドルを破り、前回の強気相場の高値の2万ドルとなる可能性があると予想している。それまで、ビットコインはこのレンジで推移する可能性が高く、4万2000ドル以上で古典的なブルトラップ(強気の罠)が起こるだろう」(バラニ氏)

出典:Koyfin

ビットコインマイニングの収益低下

マイナー(マイニング事業者)の収益は、ビットコイン価格の下落、および中国からの規制圧力に晒されるなかで低下した。

「マイニング市場は3月と4月のレベルから約65.5%の収益減となっている。現在、マイニング収益の7日平均は約2073万ドル、これは2020年に記録した低水準と比べると、まだ154%高い」とブロックチェーンデータ分析会社のグラスノード(Glassnode)は28日のニュースレターに書いている。

出典:Source: Glassnode

イーサリアムファンドからの資金引き揚は過去最大に

暗号資産運用会社のコインシェアーズ(CoinShares)が28日に発表したレポートによると、暗号資産ファンドからの資金引き揚げ(資金流出)は、6月25日までの1週間に4400万ドル(約49億円)となり、資金流出は4週連続となった。

特にイーサリアムファンドからの資金引き揚げは5000万ドルに達し、過去最高となった。この動きは2021年現時点までの傾向から逆転している。投資家がビットコインから資金を分散させたことで、イーサリアム関連の投資商品は9億4300万ドルの資金を集めていた。

イーサリアムファンドからの資金引き揚げ、過去最高5000万ドルに
出典:CoinShares

アルトコインの状況

クオールズFRB副議長、ステーブルコインに前向きな発言:FRB(連邦準備制度理事会)のランダル・クオールズ(Randal Quarles)副議長は28日、ユタ州で開催された銀行関連のカンファレンスで、アメリカはステーブルコインに「イエス」と言える方法を見つけるべきと語った。ラエル・ブレイナード(Lael Brainard)理事らが最近、ステーブルコインは消費者や企業にリスクをもたらす可能性があると警告したこととは対照的だ。

DeFiステーブルコインにサイバー攻撃:ポリゴン(Polygon)ブロックチェーンをベースにしたDeFi(分散型金融)ステーブルコインのSafeDollarがサイバー攻撃を受けた。SafeDollarの取引は停止され、調査が行われている。SafeDollarの価値は0ドルとなっている。

イーロン・マスク氏、ドージコインの手数料削減提案を支持:イーロン・マスク氏は、ドージコイン(DOGE)の取引手数料を削減する提案への支持をツイッターで表明した。ドージコインは一時0.262ドルまで上昇した後、当記事執筆時点には0.255ドルまで下落した。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:CoinDesk
|原文:Market Wrap: Cryptocurrencies Rise Despite Binance UK Warning

おすすめ記事: