【市場動向】イーサリアム、ビットコインを上回るパフォーマンス

【市場動向】イーサリアム、ビットコインを上回るパフォーマンス

暗号資産(仮想通貨)は7日、強気センチメントが改善し、ほとんどが上昇となった。ビットコインは当記事執筆時点、3万4000ドル前後で取引され、過去1週間で約1%の下落。一方、イーサリアムはビットコインを上回り、1週間で約3%上昇している。

最新価格

●ビットコイン(BTC):3万4616.7ドル、+1.63%(過去24時間)
●イーサリアム(ETH):2364.9ドル、+1.6%

●S&P500:4358.3、+0.34%
●ゴールド:1802.4ドル、+0.25%
●10年物米国債利:1.321%、6日:1.36%

主導権はイーサリアム

「我々はイーサリアムとその急成長するエコシステムが今年後半の成長の触媒になると考えている」と暗号資産運用会社の21シェアーズ(21Shares)は6日のニュースレターに記した。

「最近、イーサリアムは8月4日実施予定のEIP1559と呼ばれるアップグレードへの期待のなか、2週間ぶりの高値を記録した。このアップグレードは取引のたびにイーサリアムの供給量を減らすことで希少性を向上させる」(21シェアーズ)

米投資銀行のゴールドマン・サックスは6日、スマートコントラクト開発プラットフォームとして最も人気のあるイーサリアムのユースケースは、現在、最も高い「可能性」を秘めているとするレポートを発表した。

イーサリアムは3月以来はじめて、50日移動平均線を超えようとしている。上抜けすれば、2800ドルの抵抗線に向けてさらに上昇するだろう。ビットコインと同様に、イーサリアムは5月に下落した後、横ばいとなっている。

:TradingView

下図は今年、イーサリアムはビットコインとゴールドを上回っていることを示している。

出典:CoinDesk Research, St. Louis Fed, Yahoo Finance

ビットコインはレンジ相場

「ビットコインは不安定な取引が続いている。ここ数日は上昇バイアスとなっているが、4万2000ドルの突破にはしばらくかかるだろう」と暗号資産取引所デルタ・エクスチェンジのCEO、パンカジ・バラニ氏はコメントした。

「市場の弱さと流動性の低下は、ビットコインの急激な下落を引き起こす可能性がある。このことはオプション市場のデータに反映されており、7月と8月の満期に向けてプットがコールよりもプレミアムで取引されている」(バラニ氏)

他のアナリストは、5月の下落以降、取引高が下落し続けているため、ビットコインは横ばいになると予想している。「スポット市場とデリバティブ市場での投機が当面は安定すると見ており、これが値動きを抑えることになるだろう」と21シェアーズは述べた。

機関投資家の関心

この1カ月、取引が比較的低調だったとしても、機関投資家は伝統資産の代替として暗号資産を忙しく評価している。

「大手銀行、資産運用会社、年金基金、さらには保険会社まで、この分野について問い合わせをする大規模機関投資家が増えている。これらの機関投資家のほとんどは、ビットコイン投資を開始するまでにまだ非常に時間はかかるが、大規模な機関投資家が関心を持っていることを示している」とウィズダムツリー(WisdomTree)のフロリアン・ギネス(Florian Ginez)氏は述べた。

下図を見ると、2021年はビットコインとイーサリアムの90日相関が上昇している。一方、ビットコインとS&P500、イーサリアムとS&P500の相関は下降しており、ボラティリティは高いものの、暗号資産は伝統的な投資家に分散投資のメリットをもたらす可能性がある。

出典:Koyfin

ガス代下落

暗号資産分析会社のコインメトリクス(CoinMetrics)によると、イーサリアムのガス代(取引手数料)は最近、2020年3月以来の低水準まで下落した。

これはイーサリアム価格の下落に対応しているが、コインメトリクスによると、ガス代の下落傾向はイーサリアム価格が大きく下落する前、4月22日にイーサリアムのガス代上限が約1500万に引き上げられ、イーサリアムブロックチェーンのスケーラビリティソリューションが始まった4月に始まったという。

出典:CoinMetrics

アルトコイン状況

コインベースのUSDコイン金利:米暗号資産取引サービス大手のコインベース(Coinbase)は先週、ドル連動型ステーブルコイン「USDコイン(USDC)」の新しい預金サービスを金利4%で開始した。だがこれは他の暗号資産融資プラットフォームの8%よりもはるかに低い。コインベースの市場より低い金利は、自社の強さ──安全にお金を預けられる場所と顧客が判断してくれること──に対する自信と言えるだろう。

●DeFiにロックされたイーサリアム:DeFi(分散型金融)にロック(預け入れ)されたイーサリアムは、第2四半期(4−6月期)に11.5%減少した。だが、DeFiの運用残高(ドル換算)は安定しており、DeFiの担保や流動性に使われるステーブルコインやガバナンストークンなどが増えていることを示している。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Koyfin
|原文:Market Wrap: Ether Outperforms Bitcoin as Crypto Sentiment Improves

おすすめ記事: