【市場動向】イーサリアム、アップデートでビットコインを超える上昇

【市場動向】イーサリアム、アップデートでビットコインを超える上昇

大規模アップデート「ロンドン」が実行されたことでイーサリアムが5日、注目を集めた。アップデートを受けてイーサリアムは強気の動きとなり、過去24時間で約5%上昇、一方、ビットコインは約3%上昇となった。

イーサリアムの上昇にもかかわらず、一部のアナリストは機関投資家の参入には数年かかると予想している。機関投資家はこの1年、ビットコインに積極的に投資し、2020年第4四半期(10−12月期)の価格上昇を後押しした。

「イーサリアムは長期的にはビットコインの時価総額を上回るかもしれない。だが今年ではない。数週間前にマイアミでゴールドマン・サックスやフィデリティなどの大手資産運用会社の担当者と会ったが、彼らは上司にイーサリアムやDeFi(分散型金融)とは何かを説明することにまだ苦労している」とクリプトクワントのCEO、キ・ヨン・ジュ(Ki Young Ju)氏はインタビューで語った。

最新価格

●ビットコイン(BTC):4万1143ドル、+2.83%
●イーサリアム(ETH):2806.8ドル、+4.11%

●S&P500:4429、+0.6%
●ゴールド:1814.2ドル、+0.21%
●10年物米国債:1.217%(4日:1.16%)

機関投資家はビットコイン・ファースト

一方で、複数の大手金融機関は直接的または間接的に暗号資産市場で活発な活動を続けています。7月22日、フィデリティ・インベストメンツ(Fidelity Investments)は、暗号資産マイニングを手がけるマラソン・デジタル・ホールディングス(Marathon Digital Holdings)の株式7.4%を約2000万ドル(約22億ドル)で取得した。

フランスの資産運用会社Melanion Capitalは5日、ビットコインと複数の暗号資産関連銘柄を対象としたETF(上場投資信託)について規制当局から承認を得た。

またアメリカの資産運用会社インベスコ(Invesco)は5日、先物などを通してビットコインに間接的に投資するETFを米証券取引委員会(SEC)に申請した。

大手機関投資家は「ビットコイン・ファースト」で暗号資産市場に参入している。イーサリアムのようなアルトコインを機関投資家が本格的に受け入れるには、規制上のハードルをクリアする必要があり、しばらく時間がかかりそうだ。

イーサリアム「ロンドン」アップデート

イーサリアムは、大規模アップデート「ロンドン」が5日12時34分(協定世界時:UTC=日本時間5日21時34分)に実行された後、しばらく横ばいで推移したが、およそ1時間後には上昇に転じた。当記事執筆時点、イーサリアムは2807ドル付近で取引されており、実行直前の2600ドル付近から上昇している。

一部のアナリストは今回のアップデートをビットコインの「半減期」に喩えており、価格上昇の要因になると見ている。

Webサイトのultrasound.moneyによると、UTC5日15時06分(日本時間6日0時6分)時点で、アップデート後に発行されたブロック報酬の約43%にあたる、約585ETHが焼却された。

イーサリアムのテクニカル分析

イーサリアムは6月初めて100日移動平均線を上回った。価格上昇は3000ドル水準で複数のレジスタンスに遭遇する可能性があるものの大きなテクニカル分析上のハードルをクリアしている。

出典:TradingView

イーサリアムの上昇は、数カ月の横ばいの後、ビットコインを上回っている。イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)レシオは0.06の初期レジスタンスを試しているが、さらに上昇する可能性がある。

出典:TradingView

ビットコインの季節性

株式と同様に、ビットコインも季節的に下落する時期を迎えており、買い手の利益確定を促す可能性がある。下図は過去8年を平均すると、8月のリターンが比較的低いことを示している。9月はさらに低くなる傾向がある。

出典:CoinDesk, StockCharts

アルトコイン状況

HUSDの準備金はすべて現金:時価総額8位のステーブルコイン「HUSD」の発行元、Stable UniversalはHUSDを裏付けている準備金は、すべてアメリカの口座に現金で保管されているとCoinDeskに語った。発行元がこうした情報を明らかにするのは初めて。投資家や規制当局はステーブルコインに対して、より高い透明性を求めており、発行元は準備金の内訳を開示し始めている。

●Web 3.0トークンは次の投資先になるか?:いわゆる「Web3.0トークン」は、8月1日に終了した週に22%上昇し、ビットコインやNFT(ノンファンジブル・トークン)など、他のすべての暗号資産を上回った。アルカ(Arca)の最高投資責任者のジェフ・ドーマン(Jeff Dorman)氏がメッサーリのデータをもとに発表した。Web 3.0トークンとは、インターネットの分散化を推進するプロジェクトに関連した暗号資産をいう。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:TradingView
|原文:Market Wrap: Ethereum Hard Fork Rally Outperforms Bitcoin

おすすめ記事: