ビットコイン、5万ドル超え──5月15日以来

ビットコイン、5万ドル超え──5月15日以来

ビットコイン(BTC)が5万ドルを超えた。

ビットコインはこの24時間で2.5%上昇、現在は5月15日以来となる5万50ドル前後で取引されている。CoinDeskのデータによると、年初からのリターンは71.4%。

「この伝説的な節目を超えたのは初めてではないが、最近の進展を考えると、5万ドルは現時点では確かに正当なものと思える」と外国為替・暗号資産調査会社クオンタム・エコノミクス(Quantum Economics)のCEO、マティ・グリーンスパン(Mati Greenspan)氏は述べた。

出典:TradingView

1日あたり取引高は概ね横ばいで、数日前から低下し続けているが、値動きはトレンドの勢いを測る重要な指標を上回っている。

ゼロキャップ(Zerocap)のトレーディング責任者、トビー・チャップル(Toby Chapple)氏は「市場は200日移動平均線を超えて推移しており、強気姿勢を維持している。カルダノ(ADA)、イーサリアム(ETH)、ポルカドット(DOT)、ユニスワップ(UNI)などにが相対的にビットコインを上回っていることが、ここ数日のビットコイン上昇につながっている」とコメントした。

8月末の米連邦準備制度理事会(FRB)や9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)など注目されるイベントが控えていることから、市場は何らかの動きを見せるかもしれないとチャップル氏は述べた。

「FRBのいかなる動きも値動きにはネガティブなものであり、伝統的市場でのリスクオフの動きから伝播する可能性がある」

他の主要な暗号通貨もビットコインに連動して上昇しており、カルダノ、ライトコイン(LTC)、ユニスワップは2~12%の上昇となっている。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:CoinDesk
|原文:Bitcoin Trades Above $50K Psychological Resistance for First Time in 3 Months

おすすめ記事: