クリプトフレンドリーなスナク氏、イギリス新首相就任へ

クリプトフレンドリーなスナク氏、イギリス新首相就任へ

財務相時代に暗号資産(仮想通貨)に関するイギリスの新しい取り組みを切り開いたスナク氏がイギリスの次期首相に就任する。

スナク氏は10月24日、イギリス与党・保守党の党首選で無投票当選し、トラス氏の後任に選ばれた。トラス氏は就任からわずか45日で、経済刺激策の破綻から政治的・経済的混乱を招き、辞任を余儀なくされた。

前ジョンソン政権下での財務相時代、スナク氏はイギリスを暗号資産のハブにすると発表。法案が成立すれば、規制当局に暗号資産業界に対する広範な権限を与え、まずはステーブルコインのような資産連動型の暗号資産を規制に取り込むことに取り組むことになる。現トラス政権下では王立造幣局に対して、NFT発行を命じたが、まだ実現されていない。

トラス政権はスナク氏の暗号資産への取り組みを推進していたが、トラス氏の辞任により、事態が変わる可能性がある。財務相時代のスナク氏と暗号資産政策についてコミュニケーションしてきたイギリスの暗号資産業界は、スナク氏の首相就任を歓迎している。

イギリスのテック業界団体Innovate Financeの政策担当ディレクター、アダム・ジャクソン(Adam Jackson)氏は、スナク氏を「フィンテックのチャンピオン」と呼んだ。

「暗号資産と経済全般にとってポジティブなこと」と業界ロビー団体CryptoUKのディレクター、イアン・テイラー氏はCoinDeskに語った。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:イギリス新首相に就任するスナク氏(Shutterstock)
|原文:Crypto-Friendly Rishi Sunak to Become UK Prime Minister Following Truss Exit

おすすめ記事: