イギリス、暗号資産のグローバルハブを目指す:英財務相

イギリス、暗号資産のグローバルハブを目指す:英財務相

イギリス政府は4日、暗号資産(仮想通貨)技術と投資のグローバル・センターを目指すとして、一連の取り組みを発表した。

「今日発表した施策は、企業がこの国で投資、イノベーション、スケールアップを実現できるよう支援するもの」とリシ・スナック財務相はプレスリリースで述べた。

財務相の声明と、ジョン・グレン財務省経済担当政務官のコメントによると、最初の取り組みの1つは、ステーブルコインをイギリスの決済システムに導入することだ。

「消費者は安心して、ステーブルコインによる決済サービスを利用できるようになる」とグレン氏は述べた。「政府は、ステーブルコインのための世界有数の規制体制を実現するという野心の一環として、法案を導入する」。

英金融行動監視機構(FCA:Financial Conduct Authority)は2019年、暗号資産に関するレポートを発表し、クロスボーダー決済のためのデジタル資産を持つ暗号資産企業は決済サービス規制の対象となり得るが、トークン自体は規制されないとした。

税制

一方、英財務省は、税制変更について、国民の支持を得たいと考えている。「税制を暗号資産に対応させるために、大がかりな変更が必要になるとは考えていない」とグレン氏は述べた。

「イギリスはまた、グローバルに公平な税務報告を実現しつつ、税の透明性と消費者の信頼を高めるための新しい税務報告フレームワークに関する交渉で主導的な役割を果たしている」

さらに英財務省は、DeFi(分散型金融)ローンやステーキングの取り扱いなど、具体的な問題の解決を目指す。またイギリスの投資ファンドが暗号資産をポートフォリオに含めることを妨げる規定を廃止する予定だ。

世界をリードする体制

ステーブルコインの法案に加えて、英財務省は「安全かつ持続可能で、迅速なイノベーションを促進する(中略)…世界をリードする体制」を構築するための幅広い計画を進めているとグレン氏は述べた。

政府は、規制の次のステップを検討するために「Crypto Asset Engagement Group」と名づけた業界団体を設立する。グループの議長は閣僚レベルで、グループにはFCA、イングランド銀行(中央銀行)、企業などの幹部が含まれるという。年に最大8回開催される予定だ。

また、企業がブロックチェーン技術をテストするための、いわゆる「サンドボックス」の設立に向けた法案も計画されている。

一方、FCAは5月に2日間の「CryptoSprint」を開催し、暗号資産規制の策定に関する問題について業界の意見を求める予定だ。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Shutterstock
|原文:UK Aims to Become Global Crypto Hub, Exchequer Says

おすすめ記事: