FTXでハッキングか──被害軽減のために資金をコールドストレージに移動

FTXでハッキングか──被害軽減のために資金をコールドストレージに移動

FTX USの法務担当、ライン・ミラー(Ryne Miller)氏は、一連の「不正取引」を受けて、資金を移動させたと述べた。

11日遅く、FTXから6億ドル以上の暗号資産が移動。直後にFTXは公式テレグラムでハッキングされたと述べた。オンチェーンデータを見ると、複数の暗号資産がFTXのウォレットから、1inchなどのDEX(分散型取引所)に移動している。

この日、FTXは連邦破産法の適用を申請していたため、ツイッターには内部関係者の関与を疑う声もあった。

「連邦破産法第11条(チャプター11)の申請に続いて、FTX USとFTX.comは、すべての暗号資産をコールドストレージに移動させる予防措置を開始した。不正取引があった際の被害軽減のために、今晩、プロセスは迅速に進められた」とミラー氏は述べた。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:CoinDesk archives
|原文:FTX Says It Moved Remaining Funds to Cold Wallets to ‘Mitigate Damage’ After ‘Unauthorized Transactions’

おすすめ記事: