【US市場】ビットコイン、1万6800ドル付近──1万6500ドル台に急落から回復

【US市場】ビットコイン、1万6800ドル付近──1万6500ドル台に急落から回復

トップニュース

FTXのサム・バンクマン-フリード元CEOは12月22日、ニューヨークにある連邦地方裁判所に詐欺と顧客資金の不正な移動を首謀した罪で出廷、その後、保釈が認められた。保釈金は2億5000万ドル(約330億円)。

釈放金の担保には、カリフォルニア州パロアルトにある両親の自宅が設定された。元CEOは起訴までの間、さまざまな条件が課され、1000ドル以上の金融取引や運動以外の外出は禁止、薬物乱用とメンタルヘルスの治療を受けなければならない。

FTXの姉妹会社アラメダ・リサーチの元CEO、キャメロン・エリソン氏とFTXのもう1人の共創業者、ゲーリー・ワン氏は、検察当局と規制当局の21日の声明によると、容疑を認めている。

FTXの不正行為に積極的な役割を果たしたことを認めた両氏が捜査に協力していることは、バンクマン-フリード元CEOの裁判のカギとなるだろう。

市場動向

(Delphi Digital/TradingView)

ビットコイン(BTCは、24時間で0.06%下落し、1万6800ドル付近。22日日中に1万6566ドルまで下落した後、V字回復した。

ビットコインは、主要な株式指標であるS&P500の底打ちを少なくとも6週間リードする傾向があることが調査会社デルファイ・デジタル(Delphi Digital)による過去データの分析で明らかになった。

ケビン・ケリー(Kevin Kelly)氏率いるデルファイのストラテジストは、12月21日にクライアントに送った2023年のプレビューで「歴史を見ると、平均してビットコインはSPX(S&P500)より48日前にトップ(天井)となり、10日前にボトム(底)となる」と記した。

イーサリアム(ETHは、ビットコインと同様の動きで1210ドル付近。

最新価格

●CoinDesk Market Index(CMI):794.99、+0.3%
●ビットコイン:16,791ドル、+0.1%
●イーサリアム:1,215ドル、+0.3%

●S&P500:3,822.39、-1.4%
●ゴールド:1,801ドル、-0.8%
●米国10年債利回り:3.67%、±0.0

市場分析

強い経済データはビットコイン強気派にとって悪いニュースだ。22日に発表された経済データから、暗号資産価格にプラスになるものを見つけることは難しい。

強い雇用データと経済成長は物価上昇を招き、3つすべてを抑制しようとしているFRB(連邦準備制度理事会)の強気姿勢をより強める。これは資産価格の下落を招き、伝統的資産と暗号資産の双方に影響を与える。

株投資家は、ポジティブなデータに対して、市場はネガティブな反応を示すと予想すべきだ。暗号資産投資家は、ビットコインとイーサリアムの両方がS&P500およびナスダックと強い相関関係を維持していることを忘れてはならない。

結局のところ、FRBがインフレ対策に明るい兆しを見出すためには、経済はまだ好調すぎる。奇妙なことだが、アメリカ経済が不調に陥るまで、資産価格は低迷する可能性が高い。

(TradingView)

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:TradingView
|原文:Crypto Markets Today: Federal Judge Releases Bankman-Fried on $250M Bail

おすすめ記事: