Web3企業へのVC投資は堅調──2022年は300億ドル超

Web3企業へのVC投資は堅調──2022年は300億ドル超

Web3スタートアップと取引関連サービスが2022年の暗号資産VC投資の多くを占め、2023年もその傾向は続く可能性が高いと、暗号資産投資会社ギャラクシー・デジタル(Galaxy Digital)のリサーチ責任者アレックス・ソーン(Alex Thorn)氏は述べた。

ソーン氏は1月9日、CoinDesk TVに出演し、2022年の暗号資産VC投資では、NFT、DAO(自律分散型組織)、メタバース、オンラインゲームなどからなるWeb3セクターが31%、取引関連プラットフォームが13%を占めたことを明らかにした。

同社の「Crypto VC Year End」レポートによると、暗号資産とブロックチェーンのスタートアップに対するVC投資は2022年、300億ドル(約3兆9500億円)を超えた。

出典:Galaxy Digital

一方でソーン氏は、2022年、投資件数と投資金額は四半期ごとに明らかに減少したと指摘、複数の暗号資産大手の破綻とマクロ経済要因が影響しているだろうと述べた。

また多くの資金がレイトステージ企業、特に取引と交換サービスを提供する企業に投資されているという。

「これはある程度、納得できる。数年前よりもレイトステージ企業が増えているからだ」(ソーン氏)

さらにソーン氏は、暗号資産VC投資については、アメリカが「依然として主導的なポジションにある」と述べた。だが政策立案者は暗号資産のイノベーションを阻害しない規制を確立する必要があると続けた。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Galaxy Digital
|原文:Galaxy Digital’s Head of Research Sees More Venture Funding for Web3 Firms This Year

おすすめ記事: