ビットコイン、3度目の半減期を迎える

ビットコイン、3度目の半減期を迎える

ビットコインが3度目の半減期を迎えた。4年に一度、2020年の暗号資産(仮想通貨)業界で最も期待されていたイベントがついに実現した。

日本時間5月12日午前4時23分

ビットコインは協定世界時(UTC)5月11日19時23分(日本時間12日午前4時23分)に63万ブロックに達し、プログラムされていた半減期を迎えた。ビットコインの11年の歴史の中でまた1つ、新たな歴史を刻んだ。

1ブロックあたりの報酬が半減し、6.25ビットコインとなった新しいマイニングサイクルの最初のブロックは、中国に拠点を置くアントプール(Antpool)がマイニングした。アントプールは世界4位の演算能力を持っている。

2009年に生成された最初のブロックに記されたサトシ・ナカモトの象徴的なメッセージ「The Times 03/Jan/2009 Chancellor on brink of second bailout for banks」へのオマージュとして、半減期を迎える直前の最後のブロックである62万9999番目のブロックをマイニングしたf2poolは、サトシと同様に新聞の見出しを埋め込んだ。

「NYTimes 09/Apr/2020 With $2.3T Injection, Fed’s Plan Far Exceeds 2008 Rescue」

ビットコインを生み出した匿名の開発者サトシ・ナカモトは、時間の経過とともにビットコインの供給量を抑えるために、21万ブロックごとにマイニング報酬を半分にするようプログラムした。

マイニング報酬は、ネットワークの安全性確保に演算能力を使って貢献する人々への経済的インセンティブであり、取引を処理するための経済的インセンティブになっている。

マイニング事業者への影響は?

3度目となる2020年の半減期により、マイニング報酬は1ブロックあたり12.5ビットコインから6.25ビットコインとなった。最初の半減期は2012年11月、1ブロックあたり50ビットコインから25ビットコインとなり、2度目の2016年7月にはさらに12.5ビットコインとなった。

半減期後の当面の影響は、1日に新たにマイニングされるビットコインが1800BTCから900BTCに減少すること。それはまた、マイニング事業者の1日あたりの総収益が(現在のビットコイン価格8600ドルを想定した場合)1548万ドル(約16億円)から774万ドルに減少することを意味する。

こうした収益の減少は、電力コストを削減する効率的な手段を持たないマイニング事業者を圧迫することになるため、ビットコインネットワークに接続されている演算能力は半減期後に大幅に低下すると予想されている。

しかし、実際にどうなるかはまだまだわからない。現在、中国のマイニングプールPoolInのデータによると、前回のマイニング難易度の調整以降、過去7日間のビットコインの演算能力は平均121エクサハッシュ/秒(EH/s)となっており、従来の過去最高記録の118EH/sを上回っている。

このように、ビットコインのマイニング難易度は、PoolInのデータをもとに推定すると、およそ7日間で4.9%上昇し、過去最高の16.55Tを超えると見られている。

ビットコインのマイニング難易度は、2016ブロックごと、つまり約2週間ごとに、その期間中にマイニングに参加した演算能力の量にもとづいて調整されるようプログラムされている。

翻訳:CoinDesk Japan編集部
編集:増田隆幸
写真:The Trustees of the British Museum
原文:Bitcoin Halving Arrives: Mining Rewards Drop for Third Time in History

おすすめ記事: