カナダ企業、衛星打ち上げ費用をドージコインで決済

カナダ企業、衛星打ち上げ費用をドージコインで決済

カナダのGeometric Energyは、暗号資産のドージコインを利用して衛星を月に送ろうとしている。

Geometric Energyは2022年1~3月期、同社プロジェクトの「DOGE-1 Mission to the Moon」で、スペースXが開発した「ファルコン9」ロケットの打ち上げを予定している。打ち上げ費用をドージコインで決済された史上初の商業ミッションになると発表した。

「このミッションは、地球軌道を超えた暗号資産の用途を示し、惑星間コマースの基盤を築くものになる。我々はDOGE-1を月に向けて打ち上げることを楽しみにしている」とスペースXのトム・オチネロ(Tom Ochinero)氏は語った。

衛星は、センサーとカメラを使って月面空間の情報を取得するとGeometric Energyは声明で述べた。

スペースXのCEOであるイーロン・マスク氏はドージコインの最も有名な支持者。マスク氏のツイートに後押しされて、ドージコインの価格は100倍以上になっている。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸、佐藤茂
|画像:Shutterstock
|原文:Musk’s SpaceX Accepts Dogecoin as Payment for Sending a Satellite to the Moon

おすすめ記事: