イーサリアム下落、ライバル上昇──9月、スマートコントラクト・ブロックチェーンの戦い

イーサリアム下落、ライバル上昇──9月、スマートコントラクト・ブロックチェーンの戦い

9月の暗号資産(仮想通貨)市場では「スマートコントラクト・ブロックチェーン」の戦いが繰り広げられた。つまり、新鋭のアバランチ(Avalanche/AVAX)とソラナ(Solana/SOL)が2桁のリターンを上げた一方で、イーサリアム(ETH)は大きく下落した。

アバランチは9月、52%の大きな上昇となり、データサイトのメッサーリ(Messari)によると時価総額100億ドル(約1兆1000億円)以上の暗号資産の中でトップのパフォーマンスを示した。暗号資産デリバティブ取引所のCEO、サム・バンクマン-フリード(Sam Bankman-Fried)氏が支持するソラナは23%、テラ(Terra/LUNA)も7.5%上昇した。

一方、イーサリアムは9月、23%の下落となった。ちなみに、スマートコントラクト機能を持たないビットコイン(BTC)は12%下落。

DeFiやNFT開発でどのチェーンを選ぶか?

スマートコントラクトが注目を集めている理由は、DeFi(分散型金融)やNFT(ノンファンジブル・トークン)など、急成長しているビジネスをどのブロックチェーンを使って展開するかが大きな課題となっているためだ。DeFiやNFTはスマートコントラクトをベースにしている。

メッサーリのリサーチアナリスト、ライアン・ワトキンス(Ryan Watkins)氏は、これらの新しいブロックチェーンが人気を集めていることと、イーサリアムのガス代(取引手数料)の高騰によって、イーサリアムの優位性は失われつつあるかもしれないとレポートに記した。

「イーサリアムの優位性が疑問視されるなか、投機家はこれらのプラットフォームに対応するトークンに殺到している」(ワトキンス氏)

出典:Messari

トレーダーが最近、イーサリアムの競合ブロックチェーン、いわゆる「イーサリアム・キラー」を好む傾向にある状況は、今年はじめにイーサリアムの急成長が投資家を魅了し、価格が急騰した状況とは対照的だ。コインシェアーズ(CoinShares)の投資ストラテジスト、ジェームズ・バターフィル(James Butterfill)氏によると、イーサリアムの市場シェア(ドミナンス)は1月の11%から急速に上昇し、現在は26%を占めている。

イーサリアム価格はそれでも、年初から4倍近く上昇している。ちなみに、ビットコインは46%。しかし、アバランチ(AVAX)は今年20倍に急上昇し、時価総額は140億ドルに達した。ソラナ(SOL)は74倍となり、時価総額は410億ドルとなっている。

「投資家はイーサリアムのワールド・コンピューターというアイデアを非常に好意的に受け取っていた。だが価格上昇とともに、ネットワークの非効率性と高いガス代が明らかになった」(バターフィル氏)

そして、これがイーサリアムのライバルブロックチェーン、特に取引コストが安価なブロックチェーンに関心が広がっている理由と同氏は付け加えた。

時価総額100億ドルのブロックチェーンでも、スマートコントラクト機能を持つブロックチェーンが高いリターンを記録した。アルゴランド(ALGO)は38%、コスモス(ATOM)は35%、テゾス(XTZ)は10%上昇した。

皮肉なことに、9月はじめに待望のスマートコントラクト機能を実装したカルダノ(Cardano/ADA)は28%下落した。アナリストは、カルダノの低迷は投機家がアップデートを期待して価格を吊り上げたことが原因ではないかと見ている。

インセンティブ施策も一因

新鋭のスマートコントラクト・ブロックチェーンの上昇は、インセンティブ施策の展開も一因となっているだろう。ユーザーへの報酬やアプリケーション開発のための助成金などだ。9月16日、アバランチは暗号資産ファンドに対して、2億3000万ドルのプライベートセールを実施。アルゴランドはDeFi(分散型金融)のイノベーションを支援する3億ドル規模のファンドを立ち上げた。

「ブロックチェーンは人材獲得競争をしている。ソフトウェア開発者にブロックチェーンを選ぶインセンティブを与える最も簡単な方法の1つは、資金を援助することだ」とSynergia Capitalのリサーチ責任者、デニス・ビノコウロフ(Denis Vinokourov)氏はコメントした。

CrossTowerのリサーチアナリスト、マーティン・ガスパール(Martin Gaspar氏は「スマートコントラクト・ブロックチェーン(AVAXとALGO)に対する投資家の楽観的な見解が高まっている」ことが急上昇の原因だと述べた。

ビノコウロフ氏によると、開発者がいなければ、新しいプロジェクトも新しい見込み客も生まれない。今、開発者は特に不足しているため、そうしたインセンティブ施策が盛んに展開されているという。

「この状況は、様子見状態の資金が潤沢にあることを示している」とビノコウロフ氏は述べた。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Messari
|原文:Ethereum’s September Losses Were Gains for Competitors

おすすめ記事: