広島カープ、メタバースで試合放送──ファン交流の場に

広島カープ、メタバースで試合放送──ファン交流の場に

広島東洋カープの試合をメタバース空間で観戦できるアプリの提供が始まった。カープファンの交流の場が新たに生まれそうだ。

制作を手掛けるビーライズが、3月9日に発表した。サービス名は「メタカープ」で、広島テレビ放送とビーライズが共同で開発。カープ主催の試合を、メタバース空間内のスクリーンで放送する。

利用者は、好みのアバターを設定できる。髪型や帽子、ユニフォームをカスタマイズして、球場に入る。カープファンならではのスクワット応援やバルーン風船などのモーションも楽しめる。

(メタカープのイメージ/ビーライズ発表文より)

実際にスタジアムに設置してある「記念プレート」や「ふわふわ遊具」なども再現。ファン同士の交流のために、スタンプやチャット機能も備えている。最大接続数は5000名。

応募条件は、2022年度カープファン倶楽部会員であること。試合ごとにアプリ内で抽選する。当選者は家族や友人を1名招待できる。

|取材・テキスト:菊池友信
|編集:佐藤茂
|トップ画像:ビーライズの発表文より

おすすめ記事: