ステーブルコインがビットコインを裏付け資産とする意味とは──terraUSD(UST)が100億ドル以上のBTC購入へ

ステーブルコインがビットコインを裏付け資産とする意味とは──terraUSD(UST)が100億ドル以上のBTC購入へ

テラ(Terra)ブロックチェーンに取り組むNPO「Luna Foundation Guard(LFG)」が、ステーブルコイン「terraUSD(UST)」の準備資産として100億ドル以上のビットコイン(BTC)を購入する可能性があることが最近、明らかになった。ビットコインが具体的にどのように使われるのかはまだ決まっていないが、ビットコインブロックチェーンの透明性によって、LFGがどれだけのビットコインを購入したかを確認することができる。

LFGのビットコイン購入をチェックする方法

LFGのビットコインアドレスは以下。

bc1q9d4ywgfnd8h43da5tpcxcn6ajv590cg6d3tg6axemvljvt2k76zs50tv4q

購入や送金などは、ブロックエクスプローラーやフルノードを使って確認できる。ブロックチェーンエクスプローラーのOKLinkは、このアドレスに「LFG」のタグをつけている。さらに便利なことに、LFGのウォレット残高を追跡するTwitterボットもある。その結果、ビットコインを買い集めるLFGの動きをチェックできる。

LFGのウォレットのスクリーンショット(出典:mempool.space)

当記事執筆時点、LFGはビットコイン購入のために30億ドルを調達中で(大半は調達済み)、約2万8000ビットコイン(約13億ドル)を購入している。LFGが100億ドル以上のビットコインを保有する意向を示していることを考えると、ビットコイン価格に大きな動きがなければ、今後数カ月で約18万ビットコインを購入することになる。

ビットコインの取引高は毎日、200億ドル以上にのぼり、LFGが1億2500万ドルずつ購入していることを考えると、購入に問題はないだろう。とはいえ、相当な購入需要だ。

ビットコイン購入の意味

ビットコインブロックチェーンはパーミッションレス、かつ分散型のネットワークで、完全な透明性を備えた資産を運営している。つまり、購入が完了すれば、USTは完全な透明性を備えた資産(=ビットコイン)に裏付けられたドル連動型ステーブルコインになる。

現在、テザー(USDT)やUSDコイン(USDC)などのステーブルコインは、準備資産のドルによって裏付けられているが、準備資産の金額は会計事務所が保証しているに過ぎない。証明可能な準備資産であるビットコインを裏付け資産として持つステーブルコインは、ユーザーが準備資産を「検証」ではなく、「信頼」しなければならない現在のドル連動型ステーブルコインの改良版と考えるアナリストもいるだろう。

つまり、LFGの取り組みは、ステーブルコインにとって重要な進展となるかもしれない。ステーブルコインを使った取り引き、例えばUSTとイーサリアム(ETH)の取り引きは、暗号資産取引のかなりの部分を占めている。さらに決済のユースケースを拡大する可能性もある。

暗号資産エコノミー、そして他のエコノミーがステーブルコインに依存するようになるにつれて、その信頼性が重要になっている。主要ステーブルコインの1つが、ビットコインを裏付け資産とすることは、ステーブルコインにとって有益なものになるかもしれない。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Shutterstock
|原文:Tracking Luna Foundation Guard’s Bitcoin Purchases

おすすめ記事: