Yuga Labs、メタバースの土地販売で約370億円──ガス代は229億円

Yuga Labs、メタバースの土地販売で約370億円──ガス代は229億円

人気のNFT「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を手がけるYuga Labsが4月30日、開発中のメタバース(仮想空間)「Otherside」内の土地の売り出しを行った。販売総額は約2億8500万ドル(約370億円)だった。

今回の仮想空間の土地の売買に伴うイーサリアムネットワークの取引手数料(「ガス代」と呼ばれる」総額は、24時間で1億7600万ドル(約229億円)に達した。

「Otherside」は、Yuga Labsが進めているメタバースプロジェクトで、同社にとってはNFTのBAYC以来最大規模のプロダクトとなる。Yuga Labsは30日の土曜日、Otherside内における土地の区画を証明する55,000のNFTを販売。

多くのトレーダーが殺到し、1区画あたりの平均販売額は約7000ドルに達した。土地(NFT)は、Yuga Labsの公式暗号資産(仮想通貨)「ApeCoin(APE)」で取引された。

ガス代の高騰に対して、Yuga Labsは謝罪文を公開。「過去最大規模のNFT発行となったことから、実際に費やされたガスは予想を大幅に超える結果となった」とコメントしている。

|抜粋翻訳:coindesk JAPAN
|編集:佐藤茂
|トップ画像:Yuga Labsより
|原文:BAYC Team Raises $285M With Otherside NFTs, Clogs Ethereum

おすすめ記事: