【US市場】ビットコインは一時上昇から反落、1万8500ドル付近

【US市場】ビットコインは一時上昇から反落、1万8500ドル付近

ビットコイン(BTC)は21日、一旦上昇の動きを見せたものの反落。1%下落して、依然として1万9000ドルを下回っている(日本時間22日11時頃には1万8500ドル付近)。

イーサリアム(ETH)は3%下落し、1300ドルを割った(日本時間22日10時頃には1250ドル付近)。

経済カレンダー:FRB(米連邦準備制度理事会)は予想通り0.75%の金利引き上げを発表。3月以降、5回連続の利上げとなった。

株式市場:株式市場は下落。ダウ平均は1.7%、ナスダックは1.8%、S&P500は1.7%下落した。

コモディティ:原油は0.7%下落、天然ガスは0.8%上昇した。銅先物は1.8%下落、ゴールドは0.7%上昇した。

ドルインデックス(DXY):1%上昇。

最新価格

●ビットコイン:18,658ドル、-1.7%
●イーサリアム:1,272ドル、-5.5%
●CoinDesk Market Index(CMI):931ドル、-1.5%

●S&P500:3,789.93、-1.7%
●ゴールド:1,682ドル、+1.4%
●米国10年債利回り:3.51%、-0.06

テクニカル分析

ビットコインは今後、どうなるだろうか。FRBがタカ派姿勢を続けるもととなった問題は、利上げ幅より重要だった。ビットコインの見通しについて、以下の点を考えてみよう。

●FRBは、インフレは率は依然として高く、インフレ率を2%に戻すことに強い決意を持っていると明確に表明した。今年中にインフレ率が改善する可能性はほとんど触れられなかった。

●政策金利は年末までに4.4%、2023年末には4.6%付近まで上昇すると見られており、今年年末まで積極的な利上げが行われることを示した。

●FOMCは、GDP成長率について2023年は0.5%〜1.5%、2024年は1.4%〜2%の範囲と予想している。

将来の金利上昇予測と経済成長に対する期待の低さは、ビットコインをはじめとするリスク資産が引き続き課題に直面することを示している。

出典:TradingView

テクニカル分析では、ビットコインは引き続き横ばい推移となりそうだ。ビットコインは「point of control(POC)」に比較的近い水準で取引されている。

例えば、9月13日にはPOCから10%下落し、トレーダーにはチャンスとなったが、現状のPOC(1万9754ドル)とビットコイン価格の2.5%の差はそれほどでもない。

ビットコインのボリンジャーバンド(移動平均線に上下の値動きの幅を示す線を加えたもの)を見ても、同様の見解となる。

アルトコイン

●イーサリアムとナスダックの相関関係が上昇:Mergeによって、イーサリアムはデフレとなり、価格は上昇すると考えられていた。だがナスダックとの相関関係が上昇しているため、広範なリスク回避の動きが強まった場合、上昇はまだ期待できないかもしれない。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:CoinDesk
|原文:Market Wrap: Cryptos Decline as FOMC Delivers Expected Rate Hike

おすすめ記事: