バハマ規制当局、FTXの資産凍結

バハマ規制当局、FTXの資産凍結

バハマの規制当局は、FTX Digital Marketsとその関連資産を凍結した。11月10日に発表されたプレスリリースによると「資産を保全し、会社を安定させる」ための行動という。

バハマ証券委員会もFTXの認可を停止し、暫定的な清算人を任命した。FTXはバハマに本社を置いている。FTX USは別法人。

「委員会は、顧客資産が正しく扱われず、不正に管理され、アラマダ・リサーチ(Alameda Research)に移されたことを示すさまざまな発言を認識している。そうした行為は通常のガバナンスに反し、顧客の同意はなく、違法の可能性がある」と委員会はリリースに記している。

FTXにコメントを求めているが、当記事執筆時点までに返答はなかった。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:CoinDesk
|原文:FTX Assets Frozen by Bahamian Regulator

おすすめ記事: