【週末の動き】ビットコインは1万6000ドル付近まで下落──暗号資産市場はテラ崩壊以来の低い週パフォーマンス

【週末の動き】ビットコインは1万6000ドル付近まで下落──暗号資産市場はテラ崩壊以来の低い週パフォーマンス

FTXの崩壊によって暗号資産(仮想通貨)市場は先週、6月中旬のTerra(テラ)ブロックチェーンの崩壊以来となる最悪の週を過ごした。週末にはFTXに対するハッキングも発生し、事態はさらに悪化した。

最近価格

●CoinDesk Market Index(CMI):828.06、-3.1%
●ビットコイン:16,235ドル、-3.5%
●イーサリアム:1,209ドル、-4.0%

●S&P500:3,992.93、-0.9%
●ゴールド:1,766ドル、±0.0%
●米国10年債利回り:3.81%、±0.0%

FTXの破綻は、暗号資産業界史上、最悪のエピソードの1つであることはいうまでもない。ビットコインは13日までの1週間で22%下落し、Terra(テラ)ブロックチェーンの崩壊の影響を受けた6月中旬以来、最悪の週パフォーマンスとなった。

関連記事:FTX崩壊、推移を時系列で整理

週末、FTXに対するハッキングがあり、事態はさらに悪化した。暗号資産取引所のバイナンス(Binance)とフォビ(Huobi)は、約4億ドル相当のFTXトークン(FTT)が公式な説明なしに、予定外に市場に放出されたことを受けて、FTTの預け入れをブロックした。

ステーブルコインのテザー(USDT)を発行するテザー(Tether)社は、ハッキングに関連するウォレットをブロックした。

暗号資産アナリストは、低迷する市場および信頼が損なわれたブロックチェーン業界への今後の影響を予測している。

Coinbase Institutionalのリサーチャーは、現在1万6200ドル付近のビットコイン(BTC)がさらに下落し、1万3500ドルまで下落する可能性があると述べた。

業界の変革は勢いを増しているようだ。CEX(中央集権的暗号資産取引所)は、保有資産の証明書の提出を迫られている。暗号資産業界が信頼を取り戻すには、おそらく数カ月はかかるだろう。Crypto Fear & Greed Indexは「極度の恐怖」を示している。

「ビットコインは現状、1万6000ドル前後に落ち着いているが、他の企業、ファンド、取引所の被害の程度はまだわからない。今後数週間で表面化するかもしれない。現在の状況が十分に解決され、センチメントが正常化に向けて動き始めたように思えるまで、我々は慎重姿勢を維持する」と暗号資産運用会社BitBull Capitalのジョー・ディパスクァーレ(Joe DiPasquale)CEOは述べた。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:CoinDesk
|原文:First Mover Asia: Extreme Fear Hits Crypto as FTX Hack Makes Bad Situation Worse. What Comes Next?

おすすめ記事: