LINE、新メインネット「Finschia」をローンチ

LINE、新メインネット「Finschia」をローンチ

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLINE TECH PLUS PTE. LTD.は12月23日、オープンネットワーク化に向け、新しいメインネット「Finschia(フィンシア)」をローンチしたと発表した。イーサリアムブロックチェーンに比べて、400倍速い取引速度とネットワーク利用料(ガス代)の98%削減を実現したという。

「Finschia」は独自のコンセンサスアルゴリズム「Ostracon(オストラコン)」を採用、コスモスコンセンサスアルゴリズムにVRF(1つのルーター上で独立した複数のルーティングテーブルを構成する技術)を追加することで、高い機能性と安定性を備えた、より強固なブロックチェーンエコシステムを実現した。

さらに、ブロックチェーンエコシステムの拡大に貢献したユーザーと開発者が報酬を受け取れる貢献ベースの報酬システムを新たに導入している。

今後は現在のメインネット「Daphne(ダフネ)」を「Finschia」と統合し、メインネットを統一していく。同社によると、これまで以上に簡単かつ自由にdApps(分散型アプリ)を開発できるようになるという。

LINEグループはすでに独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を開発。独自の暗号資産「LINK」の発行や暗号資産取引サービス「LINE BITMAX」、NFTマーケットプレイス「LINE NFT」などのブロックチェーン関連事業を展開している。

新しいメインネット「Finschia」のローンチによって、トークンエコノミーの拡大を目指していく。

|文・編集:coindesk JAPAN編集部
|トップ画像:LINE株式会社より

おすすめ記事: