LINE、NFT保有者限定のコンテンツ配信

LINE、NFT保有者限定のコンテンツ配信

LINEの暗号資産事業やブロックチェーン事業などを担うLINE Xenesisは11月29日、同社が展開するNFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」において、「ホルダー限定コンテンツ」の提供を翌30日にスタートさせると発表した。

該当NFTを保有しているユーザーのみが楽しめるコンテンツを提供することで、NFTを保有するモチベーションを高めることを狙う。プレスリリースでは「ユーザーは従来と比べより一層NFTを保有している特別感を得ることができます」としている。

提供される限定コンテンツは、音楽や動画などのデジタルコンテンツで、対象者以外はコンテンツのプレビューのみ閲覧できる。

すでにホルダー限定コンテンツがあるNFTが販売されており、4人組ロックバンド「MIOYAMAZAKI」のコンテンツが紹介されている。18種類のNFTを500円で購入することができ、全国ツアー初日のTOKYO DOME CITY HALL公演の映像を楽しめるという。

背景にはNFTの課題

LINE Xenesisが今回、該当NFTを保有している人だけが楽しめるコンテンツを提供し始めた背景には、NFTの大きな課題がある。

NFTは「保有」の証明が可能になるが、販売されている作品自体は誰でも閲覧可能であり、購入者がNFTを保有しているメリットを感じにくいという課題があった。同社は、NFT保有者限定コンテンツを提供することで、課題解決を狙う。

|文・編集:coindesk JAPAN編集部
|トップ画像:LINEのプレスリリースより

おすすめ記事: