NECが「web3コミュニティ」──共創パートナーを2023年4月から募集

NECが「web3コミュニティ」──共創パートナーを2023年4月から募集

NECは12月27日、プライバシー保護とデータ利活用が両立した安全で安心なWeb3の実現に向けて、「web3コミュニティ」を開設すると発表した。共創パートナーとなる企業の募集を2023年4月から開始する。

「web3コミュニティ」は以下3つのサブテーマを掲げ、NECと共創パートナー企業が共同でユースケースの創出を行うことを目的としているという。

  1. ヒトの感性や価値観をデジタル化し新たな価値を創造
  2. デジタル・アイデンティティを活用した、新たな価値創造
  3. 信頼性のあるデータ流通で持続可能な新たな価値創造

NECは、リリースで「本コミュニティの活動を通し、共創パートナー企業とともにデジタル上のデータプライバシーを保護しながらヒトと企業、企業と企業の間のデータ利活用を促進し、安全・安心にデータを利活用できる社会を構築し、さまざまな社会課題を解決するサービスや事業の創出を目指していきます」と述べている。

|文・編集:coindesk JAPAN編集部
|トップ画像:リリース資料より

おすすめ記事: