AWS、アバランチと提携──企業、政府機関へのブロックチェーン導入促進

AWS、アバランチと提携──企業、政府機関へのブロックチェーン導入促進

クラウドプラットフォームのAWS(Amazon Web Services)は、アバラボ(Ava Labs)と提携し、企業や政府機関などに対するブロックチェーン技術の導入促進に取り組む。両社が1月11日に発表した。

AWSがアバランチ(Avalanche)ブロックチェーンのインフラと Dapp(分散型アプリ)をサポート、AWS上にアバランチのノードを簡単に開設・管理できるようになる。またAWS Marketplaceにアバランチのサブネット機能を追加、ユーザーは簡単にサブネットを開設できるようになる。

アバラボの創業者兼CEOエミン・グン・シラー(Emin Gün Sirer)氏は「個人と企業の両方の開発者が、AWSを使ってすぐにノードを立ち上げ、ネットワークをテストできるようになることは、大きなメリットとなる」と述べた。

アバラボとの提携は、AWSにとって初めてのブロックチェーンプロジェクトとの提携。ただし、イーサリアムブロックチェーンや他の小規模ないくつかのブロックチェーンは、すでにAWSを使ってチェーンを稼働させている。

アバランチブロックチェーンのネイティブ暗号資産アバランチ(AVAX)は当記事執筆時点、24時間で13.5%上昇し、14.55ドル付近となっている。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:アバラボの創業者兼CEOエミン・グン・シラー氏(CoinDesk archives)
|原文:Amazon Web Services Taps Avalanche to Help Bring Blockchain Technology to Enterprises, Governments

おすすめ記事: