Image courtesy of Ledger

世界一の高層ビルも建設。ドバイ不動産企業が自社施設で使えるトークン発行

Brady Dale
公開日:2019年 3月 14日 10:13
更新日:2019年 3月 14日 10:13

世界一高い高層ビルを建設した、ドバイの不動産デベロッパーは、今度は自社のトークンを開発しようとしている。

エマール・プロパティーズ(Emaar Properties)は 2019年3月11日月曜日(現地時間)、2019年末までに、顧客や提携企業向けに「エマール・コミュニティ・トークン(Emaar community token)」を開発することを計画しており、最終的にはICO(新規仮想通貨公開)を目指していると発表した。エマール・プロパティーズは、全高828メートルのブルジュ・ハリファを建設した、アラブ首長国連邦最大級の不動産デベロッパー

同社は、スイスに拠点を置く仮想通貨スタートアップ、リッケAG(Lykke AG)と提携し、トークン規格ERC-20に準拠する、イーサリアムベースのトークンを開発する予定。エマールのプレスリリースによると、同社は同トークンを顧客による紹介やロイヤルティを促進するシステムに活用していく予定。

顧客は、モール、娯楽施設、オンライン商店など、エマールが所有する施設やサイトならばどこでも同トークンを使用できるようになる。同社は、同トークンを用いて、数十億人のインターネットユーザーが同社のサービスを展開することを目指している。

エマールのICOに関する詳細はあまり発表されていないが、同社は、トークンの内部ローンチから12カ月以内にヨーロッパでのICOを検討する予定。目標調達金額は明かされていない。

エマールのモハメド・アラバール(Mohamed Alabbar)会長は、同社は「エマール体験の提供範囲を広げる」ことを目的にしていると述べた。

また、以下のように付け加えている。

「我々は、最も高度でイノベーティブな建築物を生み出し続ける中で、デジタル技術も積極的に活用しています。そして、その両方を用いて、世界中の顧客やステークホルダーに喜びと恩恵をもたらします。エマール・コミュニティ・トークンは、弊社のデジタルトランスフォーメーション(IT活用による変化)の軌跡において、大きな跳躍を意味します」

エマールは、ブルジュ・ハリファに加えて、総面積が全世界で2番目に広いモールのドバイ・モールやドバイ・オペラやドバイ・ファウンテンなど数多くの施設を開発し、所有している。

リッケのCEO、リチャード・オルセン(Richard Olsen)氏は、同社は大衆市場での使用に耐えうる「最先端テクノロジーインフラ」を開発してきたと述べている。

「我々の経験と専門性を活かし、世界中の何百万人ものユーザーに価値と利便性をもたらすという、エマールのミッションを応援することができて光栄です」とも同氏は語った。

翻訳:Yuta Machida
編集:佐藤茂、浦上早苗
写真:Burj Khalifa image via oneinchpunch / Shutterstock
原文:Owner of Burj Khalifa, World’s Tallest Building, Plans ICO