ビットコインに裏付けられた暗号資産、新規発行量でビットコインを上回る

ビットコインに裏付けられた暗号資産、新規発行量でビットコインを上回る

イーサリアムブロックチェーンで発行されるビットコインに裏付けられた暗号資産「Wrapped Bitcoin(WBTC)」が、新規発行量でビットコインを上回った。アメリカの暗号資産業界で拡大を続ける分散型金融サービス(DeFi)が影響している。

DeFi(分散型金融)とは:ブロックチェーン上に構築された金融サービス。暗号資産を預け入れて金利を稼いだり、複数のトークンの価格差から利ザヤを稼ぐことができる。

Dune AnalyticsとCoin Metricsのデータによると、8月9日〜14日の6日間に発行されたビットコインは5738。一方、同じ期間に発行されたWBTCは6785だった。1ブロックあたり6.25ビットコインの発行レートと、10分というブロックの生成目標時間を考えると、1日当たり900ビットコイン(BTC)が新たに発行されている。

新たに発行されたビットコインよりも多くのビットコインが、イーサリアムブロックチェーンに流入したことになる。

8月9日〜14日のWBTCとBTCの発行量
出典 : Dune Analytics, Coin Metrics

Dune Analyticsの最新のデータによると、現在、約3万1000ビットコイン(約390億円)がイーサリアムブロックでトークン化されており、そのうち75%はWapped Bitcoin(WBTC)によるものだ。

イーサリアムブロックチェーンでトークン化されたビットコインは、5月中旬まで3000を下回っていた。

「DeFiにおけるビットコインの需要拡大が、WBTCの成長に繋がっているであろう。この傾向はしばらく続きそうだ」と、Three Arrows Capitalの共同創業者カイル・デイビス(Kyle Davies)氏は言う。

7月、Three Arrows CapitalはBitGoでビットコインをWBTCに変えている。2019年、BitGoはWBTCの普及を推進してきた。1年以内にWBTCはDeFiエコシステムにおける「最も重要な資産」になると、Three Arrows Capitalの共同創業者スー・チュー(Su Zhu)氏は予測している。

翻訳:CoinDesk Japan編集部
編集:増田隆幸、佐藤茂
画像:Dune Analytics, Coin Metrics
原文:Bitcoins Are Being Tokenized Faster Than They’re Mined as DeFi Craze Continues

おすすめ記事: