マスターカード、デジタル通貨のシミュレーション基盤を開発──複数の中央銀行とすでに連携か

マスターカード、デジタル通貨のシミュレーション基盤を開発──複数の中央銀行とすでに連携か

各国の中央銀行がデジタル通貨(CBDC)の研究開発を進めるなか、マスターカードがこの領域で存在感を強めようとしている。クレジットカードの国際的ブランドを運営するマスターカードは、デジタル通貨の発行と流通、取引をシミュレートできるバーチャルのテスト基盤を立ち上げた。

マスターカードが9月9日に開示した発表文によると、同プラットフォームでは銀行などの金融機関や消費者の間をデジタル通貨が試験的に流通する様子を把握でき、CBDCの実現可能性を探るためのツールとなる。地方や地域レベルでの通貨の発行や、新たなユースケースを検討することもできる。

クレジットカードやデビットカードなどの既存の支払い手段との互換性を評価することも可能だ。テスト環境には、CBDCのためのさまざまな技術要素を分析・比較するための設備も含まれるという。

マスターカードのエグゼクティブ・バイスプレジデント、ラジ・ダモハラン(Raj Dhamodharan)氏は、同社はすでに複数の中央銀行と連携しており、銀行やテック企業などにも利用を呼びかけているとフォーブス(Forbes)に語っている。

翻訳:新井朝子
編集:増田隆幸、佐藤茂
写真:Mastercard
原文:Mastercard Releases Platform Enabling Central Banks to Test Digital Currencies

おすすめ記事: