STO(セキュリティ・トーク・オファリング) 一覧(1 ページ目)

なぜセキュリティ・トークン・オファリング(STO)はアジアの一部で停滞しているのか?

| Industries | Sam Reynolds

セキュリティ・トークン・オファリング(STO)は、2017年の新規コイン公開(ICO)バブルの崩壊の後、ブロックチェーンベースの投資の次の大きな目玉となるはずだった。し ...

東海東京F出資のデジタル証券企業、シンガポール金融庁が認可——国営ファンドも後ろ盾

| Markets | David Pan

シンガポール金融管理局(MAS)はトークン化証券の取引企業に対し、シンガポール国内での完全操業を認可した。 プラットフォーム運営企業ICHX Techの2月3日( ...

ソニーフィナンシャルが米セキュリタイズに出資──三菱UFJ、野村、SBI…デジタル証券ベンチャーに群がる日系企業

| Industries | 小西 雄志

ソニーフィナンシャルホールディングスの子会社と、ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレイン(GB)が、共同で設立した投資ファンドを通じて、デジタル証券プラットフォームの ...

クレディセゾン、大和証券からフィンテック子会社の株式取得へ──国内の“ブロックチェーン金融”開発に勢い

| Finance | 佐藤 茂

クレディセゾンが、ブロックチェーンを活用した次世代型・金融サービスの開発を進める、大和証券グループの子会社の株式を取得する。野村ホールディングスや三菱UFJフィナンシャ ...

STOは金融を変えるのか?【2月4日イベント開催】──2020年「btokyo members」始動

| b.tokyo | CoinDesk Japan

2020年2月4日、ブロックチェーンのビジネスコミュニティ「btokyo members(ビートウキョウ・メンバーズ)」による初のサロンイベント「STOが金融を変える─ ...

2020年は仮想通貨取引所の「廃業もありうる」──JCBA廣末紀之会長

| Finance | 小西 雄志

2020年には仮想通貨交換業にとって“苦しい”内容の改正金商法が施行される。仮想通貨ビジネス協会(JCBA)会長の廣末紀之氏(仮想通貨交換業ビットバンク社長)は「一部の ...

デジタル人民元が世界で流通し、日本にデジタル資産取引所が生まれる未来とは【SBI北尾社長・後編】

| Business | 佐藤 茂

中国が国家戦略としてデジタル人民元の国際化を進めようとすれば、中東産油諸国でも、共通のデジタル通貨を活用しようとする動きが強まりそうだ。1944年から75年間も続いてき ...

LINE、DMM Bitcoinなどの仮想通貨取引システムを構築したシンプレクスが、「デジタル証券」の未来を語る

| Industries | 小西 雄志

FX(外国為替証拠金取引)の取引システムを多数構築し、LINEグループのLVC、DMM Bitcoinなど国内の仮想通貨取引システムも作ってきたシンプレクスが、2020 ...

MUFG「Progmat(プログマ)」の2つの課題とは──デジタル証券の取り組み(下)

| Finance | 小西 雄志

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が開発しているデジタル証券プラットフォーム「Progmat(プログマ)」。前回の記事では、担当者である三菱UFJ信託銀行の ...

東海東京フィナンシャルが仮想通貨取引所に出資──IEO推進、仮想通貨サービスを地銀に提供へ

| Finance | 小西 雄志

東海東京フィナンシャル・ホールディングスは12月26日、仮想通貨(暗号資産)取引所のフォビジャパンに出資すると発表した。出資額は5億円で、株式の取得は2020年1月末を ...

  • 1
  • 2
  • 4