Image courtesy of Ledger

マイニング詐欺で2億円搾取。オランダの33歳男を逮捕

Brady Dale
公開日:2019年 5月 24日 09:00
更新日:2019年 5月 24日 09:00

オランダの税務情報調査局(FIOD)は2019年5月20日(現地時間)、200万ユーロ(約2億4684万円)相当のマイニング詐欺を働いたとして、オランダ在住の33歳男性を逮捕したと発表した

FIODの発表によると、男性は、2つの会社でディレクターを務めており、ビットコインマイニング用コンピューターを購入するとして、約100人の投資家を集めたが、おそらく実際にはコンピューターを購入していない。

FIODによると、男性は、詐欺、偽造、マネーロンダリング罪に問われており、投資家から調達した資金は車、バイク、旅行、ギャンブルなどに費やしたと見られている。

男性が事業を始めたのは2017年で、投資家には毎月0.3ビットコイン(現在の価格で約2389ドル相当)の配当を約束していた。配当を得られず、マイニング・コンピューターも返却されなかったため、投資家の一部は訴訟を起こしている。

FIODおよび警察は、2018年11月に男性の自宅および事務所の捜索を実施しており、かばん、靴、自転車などの高級品を押収した。

マネーロンダリングは「重大」犯罪の1つで、マネーロンダリングとの戦いは政府にとって優先事項だとFIODは述べている。

今年1月、オランダの金融当局は、マネーロンダリングおよびテロ資金供与を防止するために、仮想通貨企業に対してライセンス制の導入を計画していた。 オランダ中央銀行(DNB)およびオランダ金融市場庁(AFM)は、仮想通貨は「高い金融犯罪リスク」をはらんでいるため、法定通貨/仮想通貨ペアを提供する取引所やカストディ提供者にライセンス取得を義務付けることを推奨している。

翻訳:Yuta Machida
編集:佐藤茂、浦上早苗
写真:Dutch police officer image via Shutterstock
原文:Dutch Man Arrested Over $2.2 Million Bitcoin Mining Fraud