米VanEck、イーサリアムETFをSECに申請

米VanEck、イーサリアムETFをSECに申請

投資ファンドのVanEckが、暗号資産のイーサリアム(ETH)に投資する上場投資信託(ETF)を組成するための申請を米証券取引委員会(SEC)に提出した。

7日に公開されたVanEckの提案書類によると、同社はシカゴ・オプション取引所(Cboe)が運営するBZX取引所と共同で同イーサリアムETFの上場を検討している。

VanEckはすでにビットコインETFの申請も行っており、SECが審査を続けている。米国では現在までに、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産を基にしたETFは承認されていない。

VanEckが計画するETF提案が承認されれば、米国では初の暗号資産ETFとなるが、カナダではすでに複数のイーサリアムETFが承認されている。また、ビットコインETFの申請を米国で行っているウィズダム・ツリーは、ドイツとスイスでイーサリアムETFを上場させている。

|編集:佐藤茂
|トップ画像:米証券取引委員会(Shutterstock)
|原文:VanEck Files for an Ethereum Exchange-Traded Fund

おすすめ記事: