「ビットコインでパンは買えない」:ベネズエラ国民の支援者【キーマンの分析】

「ビットコインでパンは買えない」:ベネズエラ国民の支援者【キーマンの分析】

Brady Dale
公開日:2019年 6月 1日 11:00
更新日:2019年 6月 1日 11:00

「比較的ハイエンドな商品に関しては、ビットコイン支払いを受け入れる販売業者を見つけることができますが、ベネズエラの首都カラカスではパンをビットコインで買うことはできません」

サンフランシスコに拠点を置く非営利団体オープン・マネー・イニシアチブ(OMI)の共同創設者で、ベネズエラ出身の海外移住者でもあるアレハンドロ・マチャド(Alejandro Machado)氏は、ハイパーインフレの最中にある同国の法定通貨ボリバルに見切りをつけ、仮想通貨に移行するペースが、同氏の予想よりも遅い理由として、デジタル通貨を利用する環境が整っていないことを挙げた

編集:CoinDesk Japan
写真:shutterstock