JPX、デジタル証券市場開設へ──2024年末までに

JPX、デジタル証券市場開設へ──2024年末までに

日本取引所グループ(JPX)は、2024年度末までにデジタル証券市場の創設を目指す。同社が、3月31日に発表した中期経営計画で構想を明らかにした。

デジタル化や情報利用の高度化を掲げ、デジタル技術を活用した社内外向けの新規サービスを2024年度までに3件手がけることを目標にする。また、指数(インデックス)ビジネスの強化や投資関連情報の充実を図る。

デジタル関連事業は、4月1日に設立する子会社のJPX総研が主導する。また、デジタル証券を活用した「グリーン・デジタル・トラック・ボンド」の発行を検討する。

関連記事:日本取引所、デジタル証券で環境債を検討、野村HDと共同で

デジタル証券では、SBIホールディングスや三井住友フィナンシャルグループの取り組みが先行している。2023年の開設が計画されている「大阪デジタルエクスチェンジ(ODX)」では、不動産や債券を裏付けとするセキュリティトークン(デジタル証券)の取引が始まる見込みだ。

また、ODXでは、三菱UFJ信託銀行が開発したステーブルコイン(法定通貨に連動するデジタル通貨)の発行・管理基盤である「Progmat Coin(プログマコイン)」の活用が予定されている。

関連記事:SBIと三井住友、大阪デジタルエクスチェンジの運営会社を設立

|取材・テキスト:菊池友信
|編集:佐藤茂
|トップ画像:Shutterstock.com

おすすめ記事: