【US市場】ビットコイン、2万1000ドル割れ

【US市場】ビットコイン、2万1000ドル割れ

トップニュース

FTX破綻の余波で、レンディング部門が引き出しを停止している暗号資産ブローカーのジェネシス・キャピタル・グローバル(Genesis Global Capitalは)が破産申請(チャプター11)に向けて準備を進めている。ブルームバーグが伝えた。

ジェネシスはさまざまな債権者グループと水面下で協議を進めているという。同社は資本調達に失敗した場合、破産申請が行う可能性があるとすでに投資家に警告している。

11月、暗号資産取引所FTXが破綻して以来、ジェネシスは新たな資本調達や債権者との取引に奔走。同社の機関投資家向けレンディング部門は、顧客の引き出しと新規融資の停止を余儀なくされていた。

さらに、親会社のデジタル・カレンシー・グループ(DCG)は、9億ドルの預金を保全を迫られている。ジェネシスは昨年末、投資銀行のモーリス・アンド・カンパニーに選択肢の検討の支援を依頼した。

市場動向

出典:CoinDesk

ビットコイン(BTC:18日早く、9月中旬以来の高値2万1602ドルまで上昇したが、24時間で2%下落し、2万700ドル付近。

イーサリアム(ETH:3%下落し、1532ドル付近。

オプティミズム(OP:イーサリアムのレイヤー2ネットワーク、オプティミズム(Optimism)のネイティブ暗号資産オプティミズム(OP)は18日、一時、1.80ドルから1.50ドルまで下落。24時間では5%下落し、1.79ドル付近となっている。価格下落にもかかわらず、取引高はここ数週間、着実に上昇し、11月のピークから50%近く下落したライバルのアービトラム(Arbitrum)を上回った。

柴犬コイン(SHIB:18日、一時、約20%上昇。データサイトのナンセン(Nansen)によると、中央集権型/分散型の双方の取引所で取引が増加していた。24時間では7%上昇、やや反落した。

株式市場:12月の米生産者物価指数(PPI)は大幅に低下、インフレが引き続き減速していることを示すなか、株式市場は下落した。ダウ平均は1.8%、S&P500は1.5%、ナスダックは1.2%下落。

最新価格

●CoinDesk Market Index(CMI):987.47、-3.5%
●ビットコイン:20,775ドル、-2.5%
●イーサリアム:1,530ドル、-3.2%

●S&P500:3,928.86、-1.6%
●ゴールド:1,907ドル、-0.0%
●米国10年債利回り:3.38%、-0.2

市場分析

出典:TradingView

ビットコインと銅はともにテクニカル分析では勢いのある動きを見せている。相対力指数(RSI)は75と77。RSIが70を超えると、資産が割高で、価格は下落する可能性があると考えられている。

しかし、直近のCOT(Commitment of Traders)レポートには、1つ、相違点がある。COTレポートは先物市場の参加者の保有高を示す週報で、投資家センチメントを知る手がかりとなる。

直近のレポートでは、商業用銅の投資家はショートしており、今後の価格下落に対する懸念を反映している。対照的に、ビットコインの機関投資家はロングしている。

銅価格の下落は、ビットコインの最近の上昇の一時停止と相関関係があるかもしれない。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:CoinDesk
|原文:Crypto Markets Today: Bitcoin Falls Below $21K; Genesis Nears Bankruptcy Filing; Bitzlato Founder Arrested

おすすめ記事: