今後10年間、暗号資産の「黄金時代」が続く──バーンスタインが予測

今後10年間、暗号資産の「黄金時代」が続く──バーンスタインが予測

投資会社のバーンスタイン(Bernstein)が1月16日に発表した調査レポートによると、2023年に暗号資産(仮想通貨)業界はインフラからアプリケーションへと軸足を移し、暗号資産アプリケーションのイノベーションが10年間続く「黄金時代」の基礎を築くという。

同社によると、暗号資産の総収益が今後10年間で16倍に増加し、2023年の約250億ドル(約3兆2047億円)から2033年には約4000億ドル(約51兆2750億)になるという。推定4000億ドルの収益のうち、「分散型ブロックチェーン主導の収益」は、現在のわずか15%からほぼ半分を占めるようになるだろうとバーンスタインはレポートで述べている。

また、バーンスタインは「ブロックチェーンのスケーラビリティの革新と金融サービスから消費者向けテックセグメントにおよぶアプリケーションの成長」によって、オンチェーンの収益が現在の約40億ドル(約5133億円)未満から今後10年間で約2000億ドル(約25兆6640億円)近くまで急増すると予想している。

なかでも消費者向けと金融サービスのアプリケーションは、オンチェーン収益で2022年の約40%から約75%を占めるまでになるという。オンチェーンの金融アプリケーションでは、分散型取引所(DEX)、融資、ストラクチャード/トークン化商品が収益の主役になると予想されている。

一方、オンチェーンの消費者向けアプリケーションでは、NFTベースのゲームの収益が最大の成長要因となると考えられ、オフチェーン収益ではプライムブローカー、カストディ、マーケットメイキングといった機関向けサービスが成長要因になるとバーンスタインは予想している。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:井上俊彦
|画像:Shutterstock
|原文:Bernstein Expects Crypto Revenue to Jump to Around $400B by 2033

おすすめ記事: