リブラを拒絶すれば、中国のデジタル人民元が勝利する:リブラ責任者

リブラを拒絶すれば、中国のデジタル人民元が勝利する:リブラ責任者

Brady Dale
公開日:2019年 10月 23日 11:05
更新日:2019年 10月 23日 11:21

フェイスブック(Facebook)のリブラ(Libra)プロジェクトの責任者、デビット・マーカス(David Marcus)氏は、中国はアメリカ当局がまったく手出しできなくなる可能性のあるデジタル通貨システムを構築すると語った。

マーカス氏は、アメリカ政府は「全世界をアメリカの制裁から完全にブロックしてアメリカの制裁から保護する、新たなデジタル準備通貨が出現する」リスクに晒されているとブルームバーグ・ニュースでのインタビューで語った

「5年以内の未来に、我々が良い解決策を見つけられなければ、基本的に中国が『彼らがコントロールするブロックチェーン上で稼働するデジタル人民元によって』世界の大部分を再配線する」とマーカス氏は述べた。

中国は、6月にフェイスブックがリブラ構想を発表して以来、DCEP(Digital Currency Electronic Payment:デジタル通貨電子決済)への取り組みを積極的に進めている。

中国の中央銀行関係者は、中国のデジタル通貨の目的の1つは、国際金融システムにおけるドル覇権の強化につながるリブラの台頭を先手を打って阻止することと強調している

一方、リブラは複数の法定通貨で構成されたバスケットに裏付けられるが、そこには中国の人民元は含まれていない。人民元はIMF(国際通貨基金)が国際取引のために認めた5つの準備通貨の1つだ。

中国のDCEPは開発中だったが、リブラの発表後、その開発は加速した。

中国人民銀行は9月、穆長春(Mu Changchun)氏をデジタル通貨研究所(Research Institute on Digital Currency)の所長に任命し、中国の主要な商業銀行を通して、デジタル通貨を発行、配布する提案を詳細化している。

フェイスブックのリブラは6月の発表以来、アメリカ上院と連邦準備制度からの抵抗に直面している。ペイパル、マスターカード、ビザなど当初参加を予定していた5つの主要パートナーは、ビジネスおよび規制上の問題のため、リブラ協会への参加を見合わせた。

翻訳:CoinDesk Japan編集部
編集:増田隆幸
写真:David Marcus image via CoinDesk Archives
原文:Facebook’s Marcus Says China Wins With Digital Renminbi if US Nixes Libra