米スクエア、ビットコイン分散型取引所を計画

米スクエア、ビットコイン分散型取引所を計画

米決済大手スクエアとソーシャルメディア大手ツイッターのCEO、ジャック・ドーシー氏は27日、スクエアはビットコイン(BTC)分散型取引所(DEX)の構築を計画しているとツイッターに投稿した。

「ビットコインの分散型取引所を作るためのオープンプラットフォーム構築に協力して欲しい」とドーシー氏はツイートした。

プロジェクトの責任者、マイク・ブロック(Mike Brock)氏も「これが我々が解決しようとしている問題だ。世界中どこでもノンカストディアルウォレット(ユーザーが資産を自己管理するウォレット)に簡単に資金を供給できるようにする」とツイート。

ブロック氏は「我々はこのプラットフォームが上から下までビットコインネイティブであることを望んでいる」と書いている。また同氏はこのプラットフォームは「完全にパブリック、オープンソース、オープンプロトコルで開発され」、どんなウォレットでも利用できるようになるとしている。

さらにブロック氏は「コストとスケーラビリティについてのギャップ」をあげ、「ステーブルコインのようなデジタル資産の間の交換インフラとなる解決策」と指摘した。

ドーシー氏は7月、スクエアが新事業を立ち上げるのは、ノンカストディアルで、分散型の金融サービスの提供をいち早く提供するためだとツイートしている。

関連記事:スクエア、DeFi向けサービスを開発──ビットコインにフォーカス

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:ジャック・ドーシー氏(CoinDesk Archives)
|原文:Square’s Jack Dorsey Plans to Build Decentralized Bitcoin Exchange

おすすめ記事: