デジタル通貨は決済をどう変える——スタンフォード大教授、ステーブルコイン一問一答【後編】

デジタル通貨は決済をどう変える——スタンフォード大教授、ステーブルコイン一問一答【後編】

ダレル・ダフィー(Darrell Duffie)氏は、スタンフォード大学経営大学院の教授で、金融市場デザインについて指導と研究を行っている。

ダフィー教授は2019年10月、名高いG30(Group of Thirty)のイベントで、リブラ(Libra)の共同考案者、デビッド・マーカス(David Marcus)氏と、国際決済銀行( Bank for International Settlements)のアグスティン・カルステンス(Agustin Carstens)総裁とともに、ステーブルコインが銀行システムに与える影響についてプレゼンテーションを行った。仮想通貨は、個人間、銀行間、国家間のレベルにおいて非効率性を和らげ、経済を変革すると、ダフィー教授は主張している。

前編では、ステーブルコインを取り巻く大きな出来事、フェイスブックのリブラがはらむ可能性や、問題を抱えながら人気のテザーなどについて言及した。

前編:『スタンフォード大教授、ステーブルコイン一問一答──リブラ、デジタル人民元からJPMコイン、テザーまで』

引き続き、ダフィー教授との質疑応答を下記にてご紹介する。


11. 銀行および金融セクターに仮想通貨の与えた影響は何か。

今までのところ、銀行と金融に対する主な影響は、決済システムにおけるギャップとチャンスの認識を高めたこと、そしてJPMコイン(JPM Coin)などの一部の研究開発の成果です。

12. 民間企業によるステーブルコインが、従来の銀行サービスにディスラプションをもたらすと考えるか。

実は、民間ステーブルコインが普及するとは考えていません。しかし、ステーブルコインの参入が、既存の決済サービス提供事業者に与える脅威は、決済サービスの改善を含めたディスラプションを引き起こすでしょう。例えば、JPMコインが幅広い決済における一般的な利用のためのものなのかはっきりとしません。次に、JPモルガンが決済領域における自社のレガシーフランチャイズの初期のディスラプターになるとは考えにくいです。

13. JPモルガンのステーブルコインは、銀行間、銀行内のプロセスにおいてどのようなことを実現する可能性があるか。

JPMコインとUSC(ユーティリティー・セトルメント・コイン)は、ホールセールの証券取引や、その他の大規模な銀行内取引の決済にとって便利でしょう。

14. JPMコインは、本質的により信頼できるものになるか。

JPMコインは、JPモルガン・チェースへの預金と同じくらい安全となりますから、非常に信頼できます。中央銀行からの合意の必要性を考慮すれば、USCは中央銀行に裏付けられることになりますから、明らかに信頼できます。

15. 米商品先物取引委員会(CFTC)の元幹部ゴーファイン(Gorfine)氏とジャンカルロ(Giancarlo)氏が提案する、米ドルに裏付けられたステーブルコインについてはどのように考えるか。

本格的なアイディアであり、原則としては上手く機能する可能性があります。FRBが共同運用を行うかについては確信が持てません。一部の銀行はそれに反対するかもしれません。効果的な中央銀行デジタル通貨(CBDC)は、民間セクターの決済業界の本質を著しく変える可能性があります。たとえば、クレジットカードのカード発行会社への手数料であるインターチェンジフィーが圧力にさらされるでしょう。

さらに、ネットワークスケール効果を達成することは簡単ではありません。(フェイスブックの抱える巨大ユーザーベースがあるために、リブラは自ずとこの懸念を乗り越えることができます。)

16. 中央銀行ステーブルコインを導入することのスケール効果の問題について詳しく伺いたい。

スケール効果は、中央銀行ステーブルコインを含め、どのような形態のお金にもほとんど同じように当てはまります。所与の潜在的交換の手段は、経済において、他の大半の主体がそれを交換手段として利用する準備が整っており、そのことを厭わないという推定が大半の主体の側にあって初めて、効果的なお金の形態となります。これがネットワーク外部性です。それを使う人の集団が大きければ大きいほど、使いたいと思う人の集団も大きくなるのです。非常に単純な経済学の考えです。

中央銀行はすでに皆が利用するお金を供給しているので、必要なスケール効果を生み出す点でとても有利なスタートを切っています。単純に旧形態の(紙幣などの)中央銀行通貨を、独自ステーブルコインで代替し始めるだけで良いのです。中央銀行はまた、銀行やその他の仲介業者に対して、求める人に誰でもそのステーブルコインを供給するよう許可することができます。

17. FRB(米連邦準備制度理事会)はこうしたアイディアを実行するか。

国家が裏付けるステーブルコインを、FRB、さらに広くいってアメリカが導入するとは思えません。技術的に困難で、政治的にリスクをはらみます。上手くいかなければ、たとえそれが時折であったとしても、政府関係者は厳しい批判にさらされます。

18. この技術が最初に展開されるのは世界のどこであるか。

主要国の中では、中国が中央銀行デジタル通貨(CBDC)を最初に展開する可能性が高いように思われます。

19. FRBがステーブルコインを展開する可能性は低いとの発言があったが、中央銀行デジタルコインがブロックチェーンからは独立して開発される可能性があると考えているか。

どうあればCBDCの「ブロックチェーン」とされるのかは定義の問題で、CBDCの機能的性質にとっては必ずしも重要ではありません。中国人民銀行がCBDCをまもなく、もしかしたら2020年中にもローンチすると見込んでいます。

20. 国家が裏付けるデジタル通貨は、金融政策に対するコントロールを維持する役に立つか。

法定通貨建てならば、国家に裏付けられた効果的なデジタル通貨は通貨規制を向上させ、特に金融政策の伝播を改善させるでしょう。市場の分断化を減らし、決済および預金関連のサービスにおける競争を推進するからです。小規模な開かれた経済において、外国の、もしくは国際的なステーブルコインが幅広く使われるようになれば、当地の通貨金融政策のコントロールは、より困難になるでしょう。

21. 特に注目している研究開発プロジェクトがあるか。

今までに述べたすべてのもの、そして他国で上手く進展している高速決済システムです。FedNowが上手く実行されれば、アメリカに大変革をもたらすでしょう。トークン・エックス(Token X)は、銀行ベースの決済レールをアップグレードするための非常に強力な新技術を伴っています。今まで見た中で最も素晴らしいアイディアです。

翻訳:山口晶子
編集:T. Minamoto
写真:Shutterstock
原文:Stanford Prof Darrell Duffie on Our Big Stablecoin Future

おすすめ記事: