ブロックチェーンを使って実物アートをICタグ管理、スタートバーンが新サービス

ブロックチェーンを使って実物アートをICタグ管理、スタートバーンが新サービス

ブロックチェーンを使ってICタグで実物アートを管理するサービスが始まった。ギャラリーなどの販売者が、アート作品にICタグを添付して、所有者や発行者の証明書売り出すことができる。ブロックチェーン企業のスタートバーンが3月25日に始めたもので、すでに5000枚の売り出しを検討している。

シール型とカード型を準備、3000円から

「Startbarn Cert.」と名付けられたこの新サービスが想定しているのは、主にギャラリーや美術学校などの事業者が、作家の代理で証明書を発行すること。事業者はサービスのアカウントを登録し、購入したICタグを作品に添付した形で売り出す。所有権の移転の際には、事業者アカウントから操作する。

タグにはシール型とカード型を用意。シール型は3,000円、カード型は3,500円から売り出す。東方文化支援財団を含め5,000枚弱の発行を予定している。不正防止対策として、ICタグが剥がされた場合には機能しなくするという。

作品のICタグを読み取ると、デジタル証明書を確認できる仕組み。証明書には、作品の詳細や所有者履歴、展示歴などが記載されている。サービスの今後として、別のチップの追加埋め込むことで、倉庫管理サービスとの連携も検討していく。

ワコムとも連携し、開発を加速──スタートバーン

スタートバーンは2019年、ペンタブ大手のワコムと作家の直筆でデジタルアート作品に デジタル署名を付与するシステムを開発すると発表している。同社によれば、プリントアウトしたデジタルアートに対しても、この証明書システムを活用することも検討しているという。

スタートバーンは電通、SBIインベストメントなどから累計4億円以上を調達してきた。同社のプロジェクト「Art Blockchain Network」は3月に 「Startrail」へと名を改め、早ければ5月にもAPIを公開するなど開発を加速させている。

文:小西雄志
編集:濱田 優
写真:プレスリリースより

おすすめ記事: