GitHubが北極圏にビットコインコードを埋める理由

GitHubが北極圏にビットコインコードを埋める理由

ノルウェー・スヴァールバル諸島の氷の山──人が住むことはほぼ不可能な、氷河に覆われ、ホッキョクグマが生息する北極圏の列島──は、仮想通貨のコードにとって安全な避難先とは思えない。

しかし、廃棄された炭鉱の地下250mこそ、ギットハブ(GitHub)が大量のオープンソースコードを保管するために選んだ場所だ。保管されるコードには、ビットコインのインフラを構築するための最も人気のコードで、ギットハブで最も利用されるレポジトリの1つであるビットコイン・コア(Bitcoin Core)が含まれている。

テクノロジーの歴史における重要物を保管するアーカイブプログラムの一環として、ビットコイン・コアのすべての「スナップショット(複製)」は映画フィルムのようなテープにコピーされ、スチール製容器に入れて保管される。すべてはデータを1000年間、無傷で保管するためだ。

チームは現在、データの準備を進めている。公式に山に保管するのは4月下旬の予定とギットハブの広報担当者はCoinDeskに語った。

スヴァールバル諸島
出典:Google map

ビットコイン・コアが注目されているが、ビットコインのライトニング・ネットワーク、イーサリアムやドージコインといった他の仮想通貨をはじめ、ギットハブに保管されているほとんどの仮想通貨のコードも含まれる。

非営利のデジタルライブラリであるインターネット・アーカイブ(Internet Archive)や、非営利のカルチャー組織ロング・ナウ・ファウンデーション(Long Now Foundation)などが、この取り組みをサポートしており、歴史家、文化人類学者などの科学者たちがアドバイスしている。

ビットコインとイーサリアムのプログラマーは、この取り組みを支援している。「支援が多ければ多いほど、楽しい」とイーサリアム開発者のリギ(Ligi)氏はCoinDeskに語った。

「将来のどこかの時点で、電子的記録は失われる可能性が高いと考えている。すべてはかなり脆い。一部をハードコピーで保存することは、歴史に穴を開けることを防ぐことに間違いなく役立つだろう」とビットコイン・コアの維持責任者ウラディミール・ファン・デル・ラーン(Wladimir van der Laan)氏は語った。

このアーカイブは最大1000年後の人々に、仮想通貨がどのようなものだったか、あるいは1000年間生き延びたとしたら、どのように進化したのかを理解する方法を提供する可能性がある。

「ある意味では、将来の研究のために保存するべき金融の歴史の魅力的な部分」とアバンティ(Avanti)のCTOでビットコイン・コアに協力しているブライアン・ビショップ(Brian Bishop)氏は述べた。

歴史の限界

仮想通貨のコードをアーカイブすることは、歴史家にとっては歴史の穴を埋めることになるかもしれないが、コードを保管することで可能になることには限界がある。

ファン・デル・ラーン氏は、ソフトウエアエンジニアの観点から考えると、コードは数百年後のプログラマーには意味がよくわからないものになるかもしれないと指摘した。

「開発者としては、未来の歴史家が大量の巧妙なハック、絡み合ったプログラム、そしてコンテクストに特化したソースコードから、我々の文明(そして我々が何を目指していたか)を読み解こうとするというアイデアはかなり面白いと思う」

イーサリアム・インフラプロジェクト、トゥルービット(Truebit)の生みの親で、コンピューターサイエンスの研究者でもあるジェイソン・トイチュ(Jason Teutsch)氏も、コードの説明をコードそのものと一緒に含めるべきだと同様の見解を示した。

「コード開発の動機とリソースを記述した社会的、経済的、規制的、学術的な記録が、最終的にはコード自体よりも重要になるかもしれない」

未来指向の技術アイデアのためのウィキ(wiki)を主催している開発者として、アバンティのビショップ氏は、未来に向けてさらに情報を保存することを考えている。

事実、ビショップ氏は、DNAに情報を保存する方法の特許を待っている。DNAには、何十万年にもわたって情報を保存できるとビショップ氏は指摘した。

今回のプロジェクトは歴史の一部を保存することに役立つかもしれないが、同じように保存されるべき情報は他にも大量に存在するとビショップ氏は主張した。

「ギットハブ以外にも、7000万を超える科学論文があるサイ・ハブ(Sci-Hub)のアーカイブを真剣に検討する必要があると考えている」とビショップ氏は述べた。

「人類の知性と発展の偉大な功績の1つであり、保存する必要がある」

翻訳:山口晶子
編集:増田隆幸
写真:Shutterstock
原文:GitHub Is Burying Bitcoin Code Inside an Arctic Mountain to Ride Out the Next 1,000 Years

おすすめ記事: