マイニング機器、セール中──ビットコイン価格の下落と半減期がマイナーと市場に与える影響とは

マイニング機器、セール中──ビットコイン価格の下落と半減期がマイナーと市場に与える影響とは

ビットコインマイニング機器はセール中。

20%ディスカウント

3月の仮想通貨価格の急落によって、ここ数週間、メーカーに在庫のディスカウントセールを行っている。場合によっては20%もの大幅なディスカウントになっている。最新モデルも少し前の旧型モデルも、値下げされている。

事態を複雑にしているのは、5月に予定されているビットコイン半減期。ビットコインネットワークのマイニング報酬は半分になる。それまでにビットコイン価格が大幅に上昇しなければ、ほとんどのマイナーは採算が取れなくなる。

例えば、中国・深セン市に拠点を置くメーカー、マイクロBT(MicroBT)の海外向け販売業者DJマイナー(DJ Miner)は3月初旬、主力商品のワッツマイナーM30S(WhatsMiner M30s)を1台約2500ドルで販売していた。

過去7年で最悪の急落となった3月12日のビットコイン価格の暴落の後、価格は現在、20%値下がりして2000ドルになっている。

DJマイナーのウェブサイトによると、少し性能は落ちるが、2019年に競合のビットメイン(Bitmain)から大きなシェアを奪った人気モデル、ワッツマイナーM20Sも20%値下げされ、1679ドルから現在は1340ドルになっている。

マイクロBTの別の販売業者パンゴリンマイナーズ(Pangolinminers)も同様に値下げしている。

同様に、ビットメインは、67テラハッシュ/秒の演算能力を持つアントマイナーS17+(AntMiner S17+)の価格を1567ドルとしているが、CoinDeskが確認したウィーチャット(WeChat)の投稿によると、さまざまな販売業者が約1300ドルの価格を提示している。

ビットメインは以前、最新の主力製品アントマイナーS19プロ(AntMiner S19 Pro)の価格を1台2900ドル(約31万円)と発表したが、出荷は5月まで行われず、今のところ入手できるのは中国国内の投資家に限られている。

中古を狙うマイナーも

注目すべきは、ASICとも呼ばれるビットコインマイニング装置のほとんどは、メーカーがビットコインの価格変動に合わせて戦略を調整したため、2019年第4四半期にはすでに価格が低下していたことだ。

マイニング装置は、投資回収期間を平均15カ月と想定して価格が設定されている。回収期間を比較的一定に保つために、メーカーはビットコインの市場価格とネットワーク上の競争レベルという、マイナーが1日に生み出す収益を決定する2つの要素に応じて、装置の価格を調整する。

リサーチスタートアップのトークンインサイト(TokenInsight)がまとめたマイニング装置の価格データによると、例えばワッツマイナーM20SとアントマイナーS17プロはそれぞれ、2019年10月中旬には2400ドル、3000ドルだった。3月10日時点、価格はどちらも約1500ドルまで下がっていた。

「マイニング装置は2019年第4四半期以来、比較的大幅に価格が低下している。しかし、マイニング装置市場は、最近の仮想通貨市場の下落傾向にもかかわらず、2020年第1四半期にある程度の底値を見つけた」とトークンインサイトのアナリスト、ジョンソン・シュウ(Johnson Xu)氏は語った。

「一部の経験豊富なマイナーは今、その注意深い知見を生かして、中古のマイニング装置を大幅なディスカウント価格で購入しようとしている」

赤字マイナーは撤退か?

北米でマイニング装置を販売し、マイニング施設も運用しているブロックウェア・ソリューションズ(Blocware Solutions)は、最近の調査レポートで、3月の価格急落は5月に迫る半減期とともに、ビットコインのマイニング演算能力の大幅な低下につながったが、長期的には市場にさらなる効率性をもたらす可能性があると述べた。

「ビットコイン価格が2〜4カ月間低いままなら、半減期後、損失を出しながら運営を続けていたマイナーの多くは、停止を余儀なくされる」とブロックウェアは指摘した。

「赤字のマイナーが去った後、生き残ったマイナーは大幅な利益の上昇を経験する。ネットワークは短期的には混乱するが、非効率なマイナーが運用を停止すれば、採掘難易度の調整によって安定性は回復するだろう」

同社は、ビットコインネットワークが前向きな競争調整を長く経験した後、「ビットコイン価格は底を打つ可能性は高まる」と考えている。

「その理由は、新たにマイニングされたビットコインは、健全なバランスシートを持つ最も効率的なマイナーに分配され、蓄えられるから」と同社は述べた。

「生き延びたマイナーが受け取るビットコインの量は、運用停止したマイナーに分配されていたビットコインの量に比例する。こうしためったにない、収益性の高いチャンスによって、生き残ったマイナーは大量のビットコインを蓄えることが可能になる」

翻訳:山口晶子
編集:増田隆幸
写真:Bitcoin miner image via CoinDesk archive
原文:Manufacturers Mark Down Bitcoin Miners as Price Drop, Halving Change Calculus

おすすめ記事: