bitFlyer Blockchainがブロックチェーンサービス「miyabi」クラウド提供を開始【BaaS】

bitFlyer Blockchainがブロックチェーンサービス「miyabi」クラウド提供を開始【BaaS】

国内最大手の暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerのグループ会社で、エンタープライズ向けブロックチェーン「miyabi」を開発しているbitFlyer Blockchain(ビットフライヤー・ブロックチェーン)が4月8日、miyabiのクラウドサービスを始めたと発表した。

2016年にライセンス型でサービス提供開始

2016 年に運用が始められた「miyabi」は自社開発のコンセンサスアルゴリズム「BFK2」を実装。これまではライセンス型の販売モデルだったが、顧客からの要望を受け、 クラウドでの提供(BaaS、PaaS=Platform as a Serviceモデル)を始めたという。

同社がクラウドサービス提供開始にあわせて開設した「miyabi」ブランドサイトによると、プランは4エディション。ブロックチェーンを活用した PoC(概念実証)などのスモールビジネス向けの 「Economy」、汎用的な「Standard」、セキュリティ・トークンの発行や異業種間のコンソーシアムにも利用できる「Enterprise」、グローバルな決済システムなどのハイトランザクションな用途にも適用できる「Extreme」となっている。

STやNFTなどへの活用見込む 住友商事や三井住友海上などが活用

サイトではユースケースとして、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)、サプライチェーンでのトレーサビリティ、NFT(ノンファンジブル・トークン)を挙げているほか、導入企業としては、住友商事、三井住友海上、Microsoft、デロイトトーマツなどを紹介している。

ビットフライヤー ブロックチェーン,リリース,miyabi
miyabiブランドサイトより

同社はリリースでコメントを発表、ブランドサイトについて「ミッションである『ブロックチェーンで世界を簡単に。』という、スケールの大きな世界観をデザインで表現」したと説明。「すべてをワンストップで任せられる存在でありたい、との当社の想い」を込めたとしている。

文・編集:濱田 優
画像:miyabi Webサイト・bitFlyer Blockchainリリースより

【あわせて読みたい】

おすすめ記事: