3メガバンク、NTT、KDDI、JR東らが「デジタル通貨」決済インフラで勉強会開催へ──Suicaとの連携も模索か

3メガバンク、NTT、KDDI、JR東らが「デジタル通貨」決済インフラで勉強会開催へ──Suicaとの連携も模索か

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行が、デジタル通貨でのデジタル決済インフラの実現を目指すための勉強会を開催する。3メガバンクのほか、KDDIやセブン銀行、NTTグループ、JR東日本なども参加する。

6月3日に発表された勉強会の目的は、デジタル通貨やデジタル決済インフラに対する課題と解決方法の検討、 議論を進め、 実現に向けた合意点を見出し、 サービスやインフラの標準化の方向性を示すこと。日経の報道では、みずほ銀行の「Jコイン」、三菱東京UFJ銀行の「coin」(MUFGコイン)などのデジタル通貨と、JR東日本のSuica(スイカ)の連携などもこの中で検討すると見られるという。

9月まで開催、議論をまとめた報告書を公開へ

勉強会の事務局を務めるディーカレットによると、座長は前日本銀行決済機構局長の山岡浩巳氏(フューチャー取締役)が務める。9月までに毎月1〜2回開催し、勉強会の議論をまとめた報告書を公開する考えだ。

主な論点として、▽国内外におけるデジタル決済、 デジタル通貨の実例研究のほか、▽ブロックチェーン、 分散型台帳技術など新しい技術の取引・決済インフラへの応用▽デジタル通貨決済の潜在的な活用領域と効果や可能性の検討▽サービスの提供範囲や 利用価値の対価、 提供者・関係者の役割、 標準化など実現における課題の検討──などが挙げられている。

ブロックチェーンなどの分散型台帳技術を使ったデジタル通貨の発行については、 中央銀行の動きも含め期待が高まっている。一方で、プライバシーの確保、 犯罪防止対策などの懸念も指摘されている。こうした問題点や課題を整理し、具体的なサービスの実現に向けた業界をあげての取り組みと言える。

勉強会の参加企業は次の通り
株式会社みずほ銀行、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社三井住友銀行、株式会社インターネットイニシアティブ、KDDI株式会社、株式会社セブン銀行(株式会社セブン&アイ・ホールディングス)、NTTグループ、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)、森・濱田松本法律事務所

協力企業……アクセンチュア株式会社、株式会社シグマクシス
オブザーバー……金融庁、財務省、総務省、経済産業省、日本銀行

文:濱田 優
画像:CoinDesk Japan編集部

おすすめ記事: