テザー、米ドル裏付けは74%、弁護士が認める──ビットフィネックス損失隠ぺい疑惑で

テザー、米ドル裏付けは74%、弁護士が認める──ビットフィネックス損失隠ぺい疑惑で

仮想通貨取引所のビットフィネックス(Bitfinex)が、巨額の損失を関連会社でステーブルコインを扱うテザー(Tether)が管理する資産を利用して隠ぺいしたとして、米ニューヨーク州司法当局に訴追されている問題で、また新たな事実が明らかになってきた。

そのステーブルコインのテザー(USDT)は、その全てが米ドルで裏付けられていないと、同ステーブルコインを扱うテザーの顧問弁護士、スチュアート・ヘグナー氏が明らかにした。

ヘグナー氏はテザーが30日に提出した宣誓供述書の中で、同ステーブルコインが100%、現金または流動資産の裏付けがないことを認めた。供述書にはこう記された。

「この供述書に署名する現時点(4月30日)において、テザーは約21億ドルの現金及び現金同等物を保有しており、その額は現在のテザー(USDT)の74%に相当する」

ヘグナー氏はビットフィネックスの顧問弁護士でもある。

翻訳・抜粋:CoinDesk Japan
編集:佐藤茂
写真:Shutterstock
原文:Tether Lawyer Admits Stablecoin Now 74% Backed by Cash and Equivalents

おすすめ記事: