フェイスブック、仮想通貨事業で協議。送金、買い物での利用視野に:WSJ報道

フェイスブック、仮想通貨事業で協議。送金、買い物での利用視野に:WSJ報道

フェイスブック(Facebook)が仮想通貨事業を始める準備を進めている。米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)電子版が2019年5月2日、関係者の話として報じた。

報道によると、フェイスブックは送金や買い物などで仮想通貨を使った仕組みの構築を検討しており、現在、複数の金融機関やeコマース事業者との協議を行っている。

WSJの記事によると、同事業計画は同社内ではリブラ・プロジェクト(Project Libra)と呼ばれており、フェイスブックはこれまでにクレジットカードのVISAやマスターカードを含む企業とも協議を行なってきた。

2日の報道と昨年12月に米ブルームバーグが報じた記事によれば、フェイスブックが開発を進めるプロジェクトはブロックチェーン技術を基盤にし、通貨は米ドルに連動する。フェイスブックのメッセージアプリ「WhatsApp」を利用するユーザー同士は送金し合うことができる。

編集:佐藤茂
写真:Shutterstock

おすすめ記事: