SHARE

フェッチAI

FET
価格12.22
24時間変動率 5.05%
時価総額84億
24時間変動値 0.59
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1664年9月24日 23時10分0秒
情報提供元:

フェッチAI (Fetch.ai) の基本情報

発行上限
承認方式
開始日
中央機関
提唱者
オフィシャルサイトURL https://fetch.ai/
ホワイトペーパーURL https://fetch.ai/wp-content/uploads/2019/10/technical-introduction.pdf
公式TwitterURL
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

フェッチAI(FET)とは?

フェッチAIはその名の通りAIを利用したプロジェクトであり、AIによる自動データ収集・分析によりユーザーに最適なサービスの提供を目指す。具体的な一例としては、旅行のチケット手配を個人が選んで行う必要がなくなり、AIが自動的に最適なサービスを選んで提供することができるようになる。あらゆる分野に応用可能なAIの収集データは、独自トークンのFETを利用して取引することが可能だ。

フェッチAI(FET)の特徴

自律型エージェントAEA

AIの目的は手作業が必要になる仕事を自動化することだが、自律型エージェントAEAはAIの学習に必要なデータの収集なども自動で行うことができる。学習効率を上げるためのプロトコルであるオープン経済フレームワークのOEFを採用することで、人の手を介さなくても高い効率で学習できる仕組みだ。

フェッチAIによりエージェントはネットワーク上に構築され、AEA同士でつながり展開していく。FETを支払うことで、開発者はフェッチAIを利用してAEAを教育し、効率的な機械学習を行うことが可能になる。

さまざまなデータに価値がつき売買できるようになる

情報が重視される現代社会において、貴重な情報を記録したデータには価値があるが、値段という形で数字を付けることが難しい問題があった。フェッチAI上のデータはFETを利用して取引が可能であり、価値を付けることが難しかった情報に値段を付けて取引することができるようになる。

フェッチAIの学習範囲は幅広く、世の中にあふれる情報すべてが機械学習の対象になり、そのなかでも欲しい情報に関するデータを売買できる仕組みだ。

Fetch Smart Ledgerを採用

フェッチAIが採用する分散型台帳はFetch Smart Ledgerであり、複数のチェーンを同時に並立処理できる仕組みとなっている。通常のブロックチェーンと比較して処理の負荷を軽減し、多くの取引を承認できる。またFetch Smart Ledgerが採用するコンセンサスアルゴリズムは、Useful Proof of Work(UPoW)だ。

PoWはマイニング競争に負けると報酬がゼロになるが、UPoWでは競争に負けても他の規模の承認処理で報酬が得られる仕組みである。これにより、PoWを採用しているビットコインのように事業規模のマイニング設備をもつ企業によってマイニング報酬が独占されることなく、個人のマイナーも報酬が得やすくなっている。

フェッチAI(FET)の歴史

フェッチAIは、2017年にテキサス州オースティンにおいてHumayun Sheikh氏、Toby Simpson氏、Thomas Hain氏の3人によって共同設立された。FETは2019年に世界最大の仮想通貨取引所のBinance のプラットフォームであるBinance Launchpadにおける第2弾のIEO銘柄として上場している。

2019年3月の上場当時の注目度も高かったが、上場後からしばらくは価格の停滞が続いた。しかし、2021年には最高値を記録しており、度々注目を集めている。

フェッチAI(FET)の今後

応用性の高さから期待される価値の上昇

フェッチAIのAIを用いた機械学習が将来に影響を及ぼす範囲は広い。現時点では旅行の交通手段の最適化するサービスが例として挙げられるが、この一例のサービスだけ見ても、鉄道会社やバス会社などの交通機関、観光業に携わる企業などの多数の企業が含まれることとなる。

AIが既存の業種にメリットを与える機会が増えるほど独自トークンのFETの価値も上昇しやすくなるので、応用性の高さからなにが上昇材料になるか分からない点は将来性に期待できるといえるだろう。

プロジェクトが頓挫するリスク

現在考えられる業種以外でも多くの企業を巻き込める可能性があるフェッチAIだが、実用にあたって企業を巻き込めずプロジェクトが頓挫した場合は、FETが無価値になる危険性もある。AIの将来性に期待してFETを保有している人が多いので、開発の遅延などの不安材料によっても価格が下落することも考えられる。

サービスの普及が実現すれば、その応用性の高さから暴騰が期待できるものの、実際には何もなせずにプロジェクトが頓挫する高いリスクも抱えている。大手仮想通貨取引所のBinanceがIEOを実施ししたことから一定の信頼性はあるものの、プロジェクトの成功を保証しているわけではないので、リスクを承知した上で保有する必要がある。

フェッチAI(FET)の購入方法

FETは現在国内の取引所で購入することはできないため、Binanceなどの海外取引所で購入する必要がある。国内取引所で口座を開設し、元手となる仮想通貨を取引して海外取引所に送金することでFETの取引が可能だ。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: